2005年09月27日

@【新自由主義】ネオリベラリズム

市場原理を重視し、政府の介入をできるだけ小さくしよう
・・・という思想。
キーワードは小さな政府。規制緩和。民営化。自己責任・・・(笑

歴史的背景。まず【自由主義】(リベラリズム)というものがある。
自由主義を遡っていくと、17世紀英国に辿り着く。ジョン・ロック。
ロックは国王の王権に対立するものとして市民・人民の概念を
生み出し、なんぴとも(つまり政府も)市民の自由を奪うことは
できない・・・とした。
英国の市民革命、フランスのフランス革命、アメリカの独立
・・・これらはみなその思想的バックボーンをロックに由来する。
【民主主義】(デモクラシー)・・・が自由主義と相性がいいのは
(=混同されやすいのは)歴史上実際上、民主主義が地上で
はじめて実現したのはこの三大革命を経て・・・であるから。

ロックの次に現れたのがアダム・スミス。やはり英国人。
スミスはロックの思想を押し進め、経済活動は自由競争と
市場原理によって行われるのが良い、とした。神の見えざる手。
経済の一形態である【資本主義】(キャピタリズム)が、この
自由競争と市場原理・・・を、前提のひとつとしているのは
自明の理。したがって自由主義は資本主義とも仲が良い。

こうした自由主義(=新自由主義との区別から古典的自由主義
とも呼ばれる)・・・の理念に沿って生まれた近代欧米諸国
だが、やがて20世紀・・・修正の時を迎える。
これは福祉国家・・・とか、大きな国家・・・とか呼ばれるもの。
具体的には、古典的自由主義の台頭によって資本家と労働者間の
貧富の差が大きくなりすぎ、一方では労働者階級による
社会主義革命が次々と起こる・・・という世界情勢でもあったため
自由主義が社会主義に譲歩した結果・・・と言えるだろう。

福祉国家においては、名目上の(均一な)自由でなく
実質的・積極的な自由を目指す。つまり、身長の高い人には
大きなベッド、低い人には小さなベッド・・・こそ真の平等であり
実質的・積極的自由を保障するものだ、という考え方。
したがって高額所得者には高い税金、低所得者層には高福祉・・・
となる。累進課税。・・・目的は富の不平等の是正。
また政府は市場経済を維持・活性化させるために適度な介入を
するのがよいとされる。・・・ニューディール政策。
このルーズベルト(民主党)大統領の政策によって、米国は
世界恐慌を巻き返した・・・とされ、以降一定の評価を得る。

そして1980年代・・・。福祉国家への反発・・・のように
新自由主義が誕生する。
英国サッチャー首相、米国レーガン(共和党)大統領がその
先駆け。日本では中曽根康弘首相によって、NTT・JRなどが
分割民営化された。1990年代に入ると、日本では小沢一郎氏が
著書「日本改造計画」で新自由主義の思想を集約し
小選挙区制の導入、市町村合併と300市への収斂
(=小さな政府)などを主張、順次実現化された。

こうして見ると

自由主義 → 福祉国家(大きな政府=修正自由主義)
 → 新自由主義(小さな政府)

という流れであることがわかる。
新自由主義は17世紀の古典的自由主義への回帰運動とみなすべきだ。
そしてその背景には、自由主義そのものの外敵として存在した
社会主義の栄枯盛衰がある・・・ことは明らかであろう。
鉄の女サッチャー氏が辣腕を振るった時代はまさに、ソ連が
解体しつつある時代でもあった。

新自由主義・・・の弊害としては、水道・郵便など公共事業を
民営化した結果、機能を果たせずに失敗したという事例がある
(ニュージーランドなど)。
が、民営化・・・自体の賛否よりむしろ、より根本的な問題は
そもそも福祉国家像が生まれた背景・・・富の偏在・・・こそが
究極の弊害と言えるだろう。
自由主義・・・つまり市場の自由にまかせておけば、富は必ず
偏在する。富める者はより富み、貧しき者はより貧しくなる・・・。

ではなぜ、そのような新自由主義が台頭するのか・・・。
新自由主義の登場する必然性・・・が、もしあるとすれば?
私は陰謀説を取らない。一部の政治勢力(ユダヤなど)が
より富みたいという目的で世界政治を勝手気ままに動かしている
・・・という世界観はナンセンスだと感じている。
新自由主義が台頭する背景にユダヤ資本やネオコンがあると
しても、ユダヤ資本が活力を得るに至った理由・・・が
近代史の中にあるというのが私の発想法なのだ。
では、その理由・・・とは?

それは国家間の競争・・・に、ほかならないのではないか・・・
というのが、現状での私の認識だ。
新自由主義が生まれる以前、世界は東西陣営に分かれた冷戦構造
にあった。この冷戦自体が、いわば世界への規制だったのだ。
ある西側国家が赤貧に陥れば、それを東側へ組み込もうと、東側
陣営が触手を伸ばす・・・(=社会主義革命を起こそうとする)。
これを阻止するため、西側陣営は赤貧の仲間国家に援助をせざる
をえなくなる・・・。東西が逆でも同じ。
つまり、世界が東西に分かれていた・・・ことこそ、世界の国家間に
横たわる富の偏在を是正する役割を果たしていた・・・のだ。
しかしソ連が解体し、今や「世界政治そのものが規制緩和した」
状態にある。
世界地図上の陣取り合戦が一服し、貧しい国家に援助する旨みは
もはやいかなる超大国にも、ない。
結果、貧しき国はより貧しく、富める国はより富んでゆく。

そうした世界規模での新自由主義・・・は、また、熾烈極まりない
国家間の競争をも、呼び起こす。
どの国家も、否応なく、自衛のためにこの競争へ参加せざるを
えない。国を挙げての競争力強化が図られる。
そうした中で、国内では、新自由主義が採用されるのではないか。
国民全体に目配りする福祉国家では、荒々しく自由主義化した
世界という市場では生き残れない・・・。そうした危機感が
米国を、英国を、日本を、新自由主義に駆り立てているのでは?
・・・私にはそう見える。

つまり、国内での新自由主義の採用は、国際的な新自由主義
の台頭から要請されたのだ・・・と。


このテーマは必然的に次のテーマへ繋がっている。
【リベラル】・・・(笑
その意味内容が混乱しきっている「リベラル」を、次回には
整理整頓できたらいいと思う・・・。
でもいつになるかは未定(汗

はじめてのブログ

今、政治が面白い・・・なんて、面白がってる時点で失格?
ダメ人間・・・? しかし面白いのだから仕方ない。
真剣に国を、世界を・・・憂えるならば行動すべきだろう。
しかし決してそちらへは行かない私・・・(汗
言い訳できないです。

面白い・・・のは、今まさに激動している・・・世界の、日本の
風・・・を、肌身で感じるから。
頬を優しく撫でてゆく微風・・・なら、気づかなかったかも
しれない。
しかし顔面を叩かれたような、まさにハリケーン並みの
強風の中で、風の存在に気づかない人はいまい。

風・・・はたとえば、小泉ショック・・・だったり
十年前まではタブーだった改憲論議・・・だったり、する。
しかしね、風が吹いてきているのではないんだよ。
我々のいる場所が猛スピードで移動している・・・から
こそ、その空気抵抗を風と認識しているに過ぎない。

なにもなかったはずの空間に、実は空気があった!
それに気づけただけでも幸運なことではない・・・?(苦笑
根は悲観論者・・・だけども、悲観に溺れるのは好まない
という天邪鬼な性格もあるかも?

いずれにせよ、今は幕末から維新にかけて・・・に
匹敵するような時代かもしれない・・・という予感がする。
そしてこういう時代に巡り合わせた自分を
私は幸運だと思う・・・。
そこがすでに不謹慎だ・・・と
お叱りを受けるかもしれないけれども(汗

そうしたわけで、今という時代を記録しておきたい
・・・という欲求は高まるばかり(笑
けれども同時に、日に日に余暇が少なくなってゆく
・・・現状もあって、実にジレンマなわけだが
とりあえずできるところから整理していきたい・・・と思う。

まずは用語の整理から。
タイトルをつけるなら【私家版☆現代政治用語の基礎知識】。
これを一番欲してるのはほかならぬ私自身・・・だから
ここから始めるのが自然だろう・・・。
とはいえ、その内容は当然、私の個人的な興味や限界に
偏向したものとならざるをえない・・・と思う。
私が欲しているのは私にとって役立つ辞書・・・だから。

それでも読んでくれるという人には心から感謝します。
(ご意見・ご感想などあれば是非ご教示ください)
posted by 水無月 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記(時事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。