2005年09月29日

カトリーナA 消えたヒロシマ

 
彼らが語った彼女(カトリーナ)・・・についてはすでに
昨日付日記へまとめたわけですが、私がはじめに
書こうと思ったのは別のこと・・・でした。

「郡の被害について、バーバー州知事は報道機関に
 『(原爆投下後の)ヒロシマのようだ』と語った」
(朝日新聞九月二日朝刊)

私はこれを一読し、非常に強い違和感を抱きました。
そしてこの違和感を日記に記すべく、ネット上の
同記事(または同様記事)を探しはじめたのです。

が、それはなかなか見つかりませんでした。
見つからないので私は一時、これは朝日の捏造記事では
ないか・・・と思ったほどです(苦笑
しかしネットで検索した結果、米国在住の方のBLOGで
現地のTVが確かにそうした発言を流していた(そして
書き手が驚いた)ことを確認できました。
その後私は膨大なニュース記事を検索し、最終的には
【東京新聞】まで、辿り着きました。

「(原爆が投下された)六十年前のヒロシマのようだ」
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20050903/mng_____tokuho__000.shtml

こうして、ミシシッピ州知事が、ハリケーンで被災した
地域をヒロシマに喩えていた・・・事実は確認できたのです。

それが人為的であれ、自然災害であれ、人々の苦しみ
・・・に、違いはないかもしれません。
が、しかし、それでもハリケーンとヒロシマは違います。
ハリケーンの場合には、それを米国南西部に呼んだ
人間はいない・・・。けれどもヒロシマは、つまり原爆は
確かに誰かが、すなわち六十年前の米国人の誰かが
それを広島へ落とすことを決断し、了承し、指示した・・・。
その結果、落ちたのです。

いえ、原爆は落ちたのではなく、落とされた・・・のです。

そのことの痛みを、(落とした)人々はわかっていない・・・。
そしてわかってもらえていない・・・という落とされた側の痛みも
また・・・。


朝日新聞の同記事がネット上で配信されていないのは
もしかしたら、こうした出来事に敏感な人々への配慮
・・・であったのかもしれない、とも思います。
情報操作をも「配慮」に含める・・・とするならば、ですが。


最後に・・・。
ヒロシマのよう・・・という比喩が消えた代わりに
日本語記事では、イラクのよう、バグダットのよう・・・
戦場のよう・・・という比喩が、溢れています。
この比喩は、イラクでも報道されているのでしょうか?

私がイラク人だったら・・・と考えてみた時
略奪者・・・という言葉が俄かに、多義的かつ象徴的な
ニュアンスを帯びてくることに、驚かされたのですが。
 
posted by 水無月 at 11:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カトリーナ@ 彼らが語った彼女

 
「パニックさせるつもりはないが、事態はきわめて深刻だと強調
 したい。今まで誰もが恐れてきた嵐がついにやってきたのだ」
(ニューオーリンズ市ネーギン市長 28日 48万市民に避難命令)
「とても居心地がいいとは言えない状態になるだろう」
(ルイジアナ州ブランコ州知事 28日 停電や浸水が予想される
 市内最大の避難所スーパードームに関して)
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200508290003.html

「今回の災害はわれわれにとってのツナミだ。こうした惨状を
 今まで見たことがない」
(米ミシシッピ州ビロクシ市ホロウェー市長 一夜明けた30日に)
http://www.shikoku-np.co.jp/news/news.aspx?id=20050831000138

「最悪のシナリオを避けられたと思ったら、次に悪いシナリオに
 襲われた」
(ニューオーリンズ市ネーギン市長 地元メディアに)
「避難しろと言われても、できなかった」
(バス運転手 車も現金もないため避難できない貧困層がいた)
http://www.asahi.com/international/update/0902/003.html

「まるでイラクの戦場だ」
(30日から始まったニューオーリンズ市略奪の目撃者)
http://www.asahi.com/international/update/0901/002.html

「わが国の歴史で最悪の天災のひとつ」
「復興には長い時間を要する。何年もかかるだろう」
(ブッシュ米大統領 31日 休暇先から戻り記者団に)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050901id01.htm

「これで寝室が造り直せる」
(事前にニューオーリンズを脱出し、大破した自宅を訪れた
 白人男性 家に保険金が掛けてあったため)
「打撃を受けているのは貧しい人ばかり。彼らは家を失い
 絶望している」
(ニューオーリンズ市から脱出した福祉団体職員 2日)
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050902it15.htm

「我々が助けを求めても政府は何も分かっていない。
 イラクの人々は米国に来てほしいと頼んだのか」
「とっとと腰を上げて、米国史上最大の危機に対応すべきだ」
(ニューオーリンズ市ネーギン市長 2日)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050903AT2M0300W03092005.html

「彼ら(イラク帰還州兵)は(自動小銃の)M16を持っている。
 実弾が入っている。射撃の仕方、人の殺し方も知っている。
 もし、必要なら、そうすることにちゅうちょしないだろう。
 私もそうしてくれることを望む」
(ルイジアナ州ブランコ州知事 1日)
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200509020026.html

「(ハリケーンによる被害で治安が悪化するニューオーリンズ
 市などに関する)メディアの扱い方に嫌気が差す。白人なら
 食べ物を探しているとみられるのに、黒人については略奪犯扱い」
(グラミー賞受賞歌手カニエ・ウェスト 2日 慈善コンサートにて)
http://www.cnn.co.jp/hurricane/CNN200509030015.html

「こうしなけりゃ生きていけない」
(略奪者 TVのインタビューに答えて)
http://www.asahi.com/international/update/0902/004.html

「現状(の救助活動)は十分ではない」
(ブッシュ大統領 2日 地上からの視察後 救助の遅れを認め)
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200509020025.html

「国家の恥だ」
「(スマトラ沖大地震の)津波被害に莫大(ばくだい)な支援を
贈った我々の国は、足元のニューオーリンズ一都市を救えない」
(緊急支援活動を担当している当局者がAP通信に)
http://www.asahi.com/international/update/0902/010.html

「時間がない。我々は、あと一晩生きられるだろうか。
 だれに頼ったらいいんだ……」
(ニューオーリンズ市ネーギン市長 2日 ラジオ番組で)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050903id01.htm


「彼等」が語るカトリーナ・・・。
posted by 水無月 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。