2006年02月01日

皇室典範から皇位継承規定を全廃せよ

 

議員の良識で成立目指す 皇室典範改正案で首相
2006年 2月 1日 (水) 21:53 
共同通信

小泉純一郎首相は1日夜、女性、女系天皇を容認する皇室典範改正案の今国会提出は拙速とする与野党議員の声が強まっていることについて「国会には提出して成立を期すが(賛成、反対両派の)ののしり合いにはならないだろう。そうしないのが国会議員の良識だ」と述べ、多数の理解を得て今国会での成立を図る考えを強調した。

昨年の衆院選で初当選した自民党議員の中にも慎重審議を求める意見があることには「よく議論していけば多くは賛成に回ると思う」と述べた。官邸で記者団の質問に答えた。



小泉氏はあくまで今国会での成立を目指す模様です。
彼にとって、皇室典範改正案は郵政民営化法案と同じような
「法律」または「政治」の問題でしかない。

問題点は多重構造となっている、というのが私の認識です。

まず、@女系容認か、男系維持か の議論があります。
そして次に
A誰がそれを決めうるのか という問題があります。

日本国憲法では、天皇を国家の象徴とする、と定めています。
125代の歴史を持つ天皇家がすでにあり
それを象徴と定めた、という意味でしょう。
日本の象徴として天皇家を誰かが作ったわけではありません。
憲法制定者が天皇家を作ったわけではなく
国民や議員が天皇家を作ったわけでもありません。
天皇家は125代前から、連綿と存在し続けてきたのです。
当然、日本の象徴として相応しくあるように・・・と
天皇家を改造する権利など、誰も持ち得ないはずです。

次代の天皇にどういう人物が相応しいか、ということを
国家で定めること自体が本末転倒ではないでしょうか。

日本は確かに国民主権の国です。
しかし、だからといって、国民が選んだ議員が
天皇家の皇位継承問題を左右できるという発想自体に
私は違和感を禁じ得ません。
男系がいい、愛子様がいい、果ては皇太子妃がどうだこうだ
と、国民がとやかく言うのは、どうなのでしょう?
まして国民の代表としての議員や「有識者」らが
法律の力で、皇位の相続方式を天皇家に強制できるというのは?

天皇家がこれと決めた方を、天皇に頂けばよい、と
私は思います(配偶者も同じく)。
養子も、婿入りも、側室・愛人も・・・ご当人が望むように
なさるのが一番だと思います。
そして天皇家全体の意思の結果としての「天皇」が
日本国の「象徴」に相応しくないというなら
象徴である、とする憲法の方を見直すことだけが
日本の主権者である国民、そして議員にできる最大限のこと
なのだと思います。

国民や議員・・・あるいは憲法や法律・・・の側が
踏み越えてはならない一線を、踏み越えようとしている
それも思慮浅く、かつ無礼無作法極まりない遣り方で。
そのように見えて仕方ありません。
踏み荒らされるのは天皇家の伝統、だけでなく
広く日本人全体の共有する、掛け替えのない精神世界です。
そして一旦踏み荒らされたものは、二度と再生できません。


私も、皇室典範改正には賛成します。
皇室典範から、すべての皇位継承に関する規定を削除する
という改正案に(それがもし提出されれば)全面的に賛成します。

天皇家のものは天皇家に。
天皇家の当主を決められるのは天皇家だけです。
天皇家の未来を選ぶことができるのも天皇家だけでしょう。
伝統の瀬戸際にあるデリケートな時だからこそ
日本国民にできるのは、余分な法律からの制限をできるだけ
なくし、自由意志で選択できる環境を整えて差し上げること
だけだと思います。


posted by 水無月 at 23:49| Comment(7) | TrackBack(2) |   ◇皇位継承問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。