2006年02月21日

13億の心

こんなことを書くとまた、反対派の方からお叱りを受けそうですが・・・(汗

【中国次官「13億人の心の問題」=政策対話で靖国参拝中止を要求】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060220-00000088-jij-pol
 日中両政府が10、11両日に行った外務次官級の「総合政策対話」で、中国側が小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「(中国の)13億人の『心の問題』はどうするんだ」と厳しく批判、重ねて参拝中止を求めていたことが20日、分かった。外務省幹部が明らかにした。 
(時事通信) - 2月20日17時0分更新

中国の13億の心は中国の問題でしょう。
中国の人々の心まで日本に責任取れなんて無茶苦茶です。
13億の心は中国政府の領分(日本政府の領分は1億の心)。
だからこそ、それをなだめるよう努力するも、逆に扇動するも
中国当局次第というわけなのでは?

13億人が怒っている、あるいは嘆いている、ことは
重く受け止めなければならないでしょう。隣国としても。
しかし「どうするんだ」と詰め寄られても困ってしまう・・・というのが
正直なところだと思いますね。
少なくとも、中国の官僚や政治家が日本へ向けて言うのは
なにかがちょっと違うのでは? という気がしました。
posted by 水無月 at 05:34| Comment(9) | TrackBack(1) |   ◇靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。