2006年04月13日

警察の腐敗が招いた死(栃木リンチ殺人事件)

 
政治と直接には関係ないですが、たまには。


【リンチ殺人:父「心の中で、やったな!」…妻の遺影前に】
(毎日新聞 2006年4月12日 12時43分 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060412k0000e040058000c.html

 「生きたまま埋められるのかな。残酷だな」。正和さんの最後の言葉を須藤さんは裁判で知り、「ふびんでしょうがなかった」と読み上げると、これまで、判決を聞いた後も崩さなかった冷静さを失い、言葉を詰まらせ、涙声を抑えることができなかった。

 判決に対しては「裁判所は県に対し、私たちの要求を認める判断をして感謝している。親については納得いかないが、5年間の思いが通じた」と評価。「この事件をこれからの捜査改革の礎にしてほしい」と述べた。



記事の全引用はしませんが、19歳の若者が同僚ら少年四人に拉致され、二ヶ月間にわたり監禁され、凄惨な暴行を受け、親や友人、サラ金などに700万円を超える借金をさせられた末に殺害され、山林に埋められた、という、いわゆる「栃木リンチ殺人事件」です。

被害者が拉致されていた二ヶ月もの間、両親は必死になって警察に事件捜査の依頼をしましたが、栃木県警石橋署はなぜか取り合いませんでした。両親が銀行の協力を得て「ビデオテープに写っていた預金を下ろす被害者の顔が暴行で腫れあがっていた」ことを伝えても、加害少年らの親と同行してさえも、石橋署の対応は鈍いままでした。

こうした経緯についてはこちらが詳しいです↓。
 【栃木リンチ殺人事件「わが子、正和よ」】
http://park17.wakwak.com/~tochigi-rinchi/

 【栃木リンチ殺人事件】(無限回廊)
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/totigilynch.htm

今回の両親の提訴(民事)は国家賠償法に基づき、警察の不作為を訴えたものです。宇都宮地裁は原告の訴えた「捜査怠慢と被害者死亡の因果関係」をほぼ全面的に認め、県に9633万円(加害者と合計で1億1270万円)の損害賠償支払いを命じました。
両親の訴えが認められたのはなによりですが、しかしもちろん、いくら裁判で勝とうと被害者の命は返ってきません。被害者の父(母は裁判の途中で病死した)の胸中を思えば、遣る瀬ないばかりです。

ところで、なぜ石橋署の対応はここまで鈍かったのでしょうか。TVや新聞の報道では、ここにまったく触れられていません。NHKのニュースでは「なぜ県警の対応が鈍かったのか、裁判で掘り下げて欲しかった」などと通り一遍のコメントで終わっていました。
掘り下げること、こそが報道に期待される役割でしょうに。実に歯痒いことです。

ネット上では、もう少し詳しい情報が手に入ります。

・主犯Aの父親は事件当時、栃木県警氏家署勤務の警察官だった。

・被害者と従犯Bは当時日産自動車上三川工場に勤める同僚の関係だったが、日産自動車の総務には県警から天下ってきた元警察官が勤めていた(この人物が石橋署に捜索願いを出すように勧めた)。

以上は上で紹介した、被害者遺族のサイト【栃木リンチ殺人事件「わが子、正和よ」】で証言されている事実です。
(被害者の家族が危機を察し、必死に警察に助けを求めているにもかかわらず、結果的に見殺しにされた構図は桶川ストーカー事件と同じです)


警察という組織の内部がどうなっているのか、私は正確なことは知りません。大部分は正常に機能しているのだと信じています。しかし一部にせよ、腐敗があるのも事実だろうと思います。

ご遺族の訴えをメディアが取り上げないのであれば、せめて自分にできる範囲で、ひとりでも多くの人に伝えたいと思いました。

栃木リンチ殺人事件―警察はなぜ動かなかったのか』(黒木昭雄著) ←この書籍も参考になります。



 
posted by 水無月 at 03:19| Comment(9) | TrackBack(3) | 日記(時事) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。