2006年06月23日

無能とモラル

 
【姉歯元建築士を偽証容疑で再逮捕 捜査終結へ】朝日
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060622/K2006062201780.html?C=S

 捜査本部の調べでは、姉歯容疑者は昨年12月の衆院
国土交通委員会の証人喚問で、初めて構造計算書を偽造
した時期を偽って証言した疑い。偽造の動機についても、
「木村建設の東京支店長から鉄筋を減らすよう、
プレッシャーをかけられた」と証言していた。しかし、
その後の調べに対し「経験したことのない高さの物件で、
計算ができなかった
。失敗したら次の仕事を続けて得る
のが難しくなる」「自分から虚偽の計算を始めたとは
言いづらかった
」などと供述しているという。


木村建設からのプレッシャーがあってもなくても、彼は
いつか偽造をしたでしょう。これが結論というわけです。
そしてその原因は、彼個人の無能とモラルの低さ・・・に
あったということ。

もっともだからといって、木村建設等建設会社、設計元受
総研、あるいはイーホームズや地方自治体等確認機関、に
罪がなかったわけではありません。
彼らの罪は、偽装に気づけなかったこと、もしくは
薄々気づいていたかもしれない場合には、あえて見逃した
こと、です。つまりこれもまた、
無能とモラルの低さ(能率・経済至上主義)・・・でしょう。

この件に関しては、これまでの行きがかり上、絶対に
BLOGエントリを上げないといけないんですが、時間的に
とても書けそうにありません・・・(汗
私も無能でモラルが低い・・・と言われかねない状況の中
せめてこの日記(エントリ)を残しておきます。



それにしても・・・思い返せば、この事件は本当に興味深い
事件でした。
特に姉歯氏という人は私の興味を惹く人物でした。
大昔に三億円強奪事件というのがありましたが
個人で多数の人々、組織、機関にこれほどのダメージを
与えた人物・・・というのは、ちょっと思い出せません。
いえ、そういう例もきっとあるのでしょうが、その理由が
なにか特に遠大な目的というわけでなく、単に個人の
無能とモラルの低さ、にあった、というケースはなかった
ような気がします。

無能自体は罪ではないはずです。
無能ということを内外に認めることができれば。
もっとも、モラルの低さ・・・の方は、一筋縄ではいきません。
個人のモラルは、概ね、社会全体のモラルに影響されます。
周囲のモラルが低い中では、高い志を持ち続けることは
時に大変困難でしょう。このあたり(だけ)が、彼や
関係者に唯一同情可能な点かもしれません。

日本社会全体のモラルも問われている・・・という意味で。




姉歯氏個人、あるいは関係者の無能やモラル・・・が
招いた事件でしたが、その背景には建築行政や
設計基準そのものに関わるような、巨大すぎる問題が
潜んでいた、こともすでに明らかとなっています。

  ※参考
   【耐震強度偽装問題時系列】 (建築よろず相談 さん)
    http://www.shou.co.jp/yorozu/naibu/gisou.htm

   【2ch::強度偽装事件 watch】 (u92 さん)
    http://u92.s172.xrea.com/knewsp/

ただ、そうして問題の根を辿っていくと、最後は必ず
「日本社会全体」に突き当たり、そこで手に負えなくなる。
少なくとも私個人には追いきれなくなってしまう・・・。

この事件に関してはいくつものエントリを上げましたが
そうしたジレンマを感じ続けていたことを
この機会に記述しておきたいと思います。










 
posted by 水無月 at 03:58| Comment(2) | TrackBack(1) |   ◇耐震強度偽装問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。