2006年07月22日

昭和天皇の発言ではなかった

 
前回書いた靖国メモに関してですが
どうやら昭和天皇ご発言のメモではなかったようです。

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1715328
『富田メモは昭和天皇ではなく藤尾元文相の発言【マスゴミ捏造】』

メモ画像が載っているので、確度はこれ以上ないほど高い
のではないでしょうか。


さて、この画像を良く見て見ましょう
日経の記事になった発言の前にも文章があります

その全文

 前にもあったが どうしたのだろう
 中曽根の靖国参拝もあったが
 藤尾(文相)の発言。
 =奥野は藤尾と違うと思うがバランス感覚の事と思う、単純な復古ではないとも。
 私は或る時に、A級が合祀され、その上、松岡、白取までもが、
 筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが松平の子の今の宮司がどう考えたのか
 易々と松平は平和に強い考えがあったと思うのに、親の心子知らずと思っている
 だから 私あれ以来参拝していない。それが私の心だ。


はい、そうです、
中曽根総理大臣の靖国参拝を中止したことが話題になっていた当時の、藤尾元文相の発言です
昭和天皇の発言ではありません


偽装(!)とは気づかず、私も反応してしまったわけですが
つまりはそれほど、天皇という存在は、日本においては
大きな存在だということだと思います。

それがなぜに・・・偽装!?
畏れ多いことであると同時に、これが最後まで明らかに
されなかった場合の影響の大きさを考えると、恐怖を覚えます。

しかもこのことは、どうやらまだメディアでは報道さえ
されていないようですね。
ネット上の報道記事を見ると相変わらず、この偽装メモが
昭和天皇の ご意向である、との前提で議論が進んでいます。
事実を検証できないメディア!?

恐ろしいことです。
 

結果的に、小泉首相は咄嗟に「心の問題であり影響なし」とした
あの談話で、また株を上げたことになるでしょう。




 
posted by 水無月 at 22:07| Comment(10) | TrackBack(2) |   ◇靖国問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。