2006年09月24日

君が代・日の丸問題についての感想

 
【<国旗国歌>都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決】

 入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を
強制するのは憲法で保障された思想・良心の自由を侵害する
として、東京都立高の教職員ら約400人が都教育委員会を
相手取り、起立や斉唱の義務が存在しないことの確認を求めた
訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は
「強制は違法、違憲」と判断し、起立や斉唱の義務がない
ことを確認したうえ、一人当たり3万円の慰謝料の支払いを
命じる判決を言い渡した。
http://www.mainichi-msn.co.jp/photo/news/20060921k0000e040101000c.html

この問題では以前からスッキリしないことが・・・。

強制は違憲、これはその通りだろうと思います。
教育という場で、思想・信条の自由を侵すような強制は
許されないだろうと思います。
少数者の意見だからこそ、公権力で握りつぶすようなことは
あってはなりません。もちろんです。

ただ、国旗や国歌に敬意を持たぬ者が、公教育の場の
それも教師という立場に相応しいかどうか・・・という問題は
相変わらず残っているだろうと思うのです。

おそらく「彼ら」の立場は・・・こう。
「国歌や国旗、すなわち日本国への敬意は持っているが
 それが日の丸や君が代であることが問題なのだ」
国歌・国旗改変期待論はここに存在するはずです。

なぜ、君が代や日の丸は国歌や国旗に相応しくないか。
判決文から引用・・・。

第二次大戦までの間、皇国思想や軍国主義の精神的支柱として
用いられ、現在も国民の間で宗教的、政治的に価値中立的な
ものと認められるまでには至っていない
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060922k0000m040087000c.html

結局、ここ・・・。
「皇国思想や軍国主義の精神的支柱」として用いられた戦前
までの「歴史」
「宗教的、政治的に価値中立的なものと認められ」ていない
「現状」

天皇(象徴天皇制)でしょう。やはり・・・。
いつもいつも、問題はここへ立ち返る。
天皇家や象徴天皇制が「宗教的、政治的に価値中立的なもの
と認められ」ているか、どうか・・・が、まさに現代の日本国が
抱える精神的・文化的・政治的な最大問題なのでしょうね。
つまり、「宗教的、政治的に価値中立的なもの」と看做す国民と
そうは看做さない国民とが(数において)、ほぼ拮抗している
のが現状だろう、と私は見ているのです。


それがコンテンポラリーな問題であるがゆえに、裁判官でさえ
実は判決を下し得ない問題なのだと思います。
なぜなら裁判官が根拠とする法律自体、時代の力によって
いかようにでも変化し得るから。
これを変化させるのは狭義には政治(家)ですが、政治(家)も
また融通無碍に態度を変化させる実態を見やれば、最終的には
通常は「世論」などと平べったく呼ばれる「時代の風」が
最終決着をつけるはずです。
そしてこの種の問題は、この方法によってしか解決され得ない
でしょうし、解決されるべきでもない、と私は思います。

これは靖国も同様・・・。要するに象徴天皇制自体も。


国の形そのもの・・・が問われている、それが現代なのでしょう。

頬に当たる時代の風・・・を、感じます。

 

posted by 水無月 at 00:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 国内(靖国・天皇) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

日本にとっての「イラク・ショック」

 

イラクの大地に最初の着弾があった瞬間 
イラク問題は米国問題に変わった


これは昔書いた日記の一部です。
日付を見ると・・・「2003年3月22日」

・・・あれから三年半。

イラクから大量破壊兵器が見つからなかったことで
米国内にはイラク戦争を疑問視する声が高まり
現政権への支持率も低下しているそうですね。
それを受け、「当時米国を支持した日本政府(小泉政権)も
大義が崩れたのだから判断の過ちを率直に認めるべきだ」
という趣旨の新聞記事を本日、目にしました。

私の意見はそれとは少し違います。
とはいえ、当時の小泉政権の判断が正しかった、などと
言いたいのでもありません。
小泉政権は間違いなく誤った選択をしました・・・が
その過ちは、いわば当時の日本国民総意の上での過ちだった
と思うのです。

誤った選択を最初にしたのは米国です。
そのことを、私の見、感じるところの皮膚感覚では
日本国民の過半数は知っていました。
しかし、誤てる米国にそれでも日本はついて行かざるを
得ない・・・というのが、当時の政府の判断であり
国民の判断でもあったろうと思います。
だからこそ、自衛隊のイラク派兵に反対する国民は
当時の世論調査によれば2/3を超えていたのに、その数が
そのまま野党へは流れないのです。

大量破壊兵器が見つからなかった・・・から
あの戦争は間違っていた、それを支持した小泉政権も間違っていた
などという論評(=正論)を今さら垂れ流して澄ましていられる
ような人々は、あまりに理解が浅い、と言わざるを得ません。
日本への理解も、日本国民への理解も、政治への理解も
浅い・・・。浅すぎる。中学生並です。
そんな書生論に政治は任せられませんし、日本の将来を
託すこともできません。
市井の国民の方が何倍も成熟しており、現実を知っている
・・・ように私には思えます。

この三年半・・・。日本は変わりました。
その遠因には確実に、「間違った派兵を、間違っていると知りつつ
それでもなお、選択しなければならなかった」苦悩という
この日本にとってのイラクショックがある、と私は思っています。
ベトナム戦争の時には日本は辛うじて派兵を免れましたが
当時と比べて飛躍的に増大した国際社会における日本の存在感が
もはや「派兵しない」選択を許されなくしています。
そのことに、日本国民は気づかされたのだと思います。

友人(仏独)の説得にも耳を貸さず、明らかに誤った道にも
堂々と突き進んでしまう未熟な超大国・アメリカ。
その米国に追従笑いを浮かべて従わざるを得ない平和主義の
敗戦国・日本。

けれどもこの、日本国民が否応無く飲み込まされた「苦悩」を
新聞各紙(メディア=知識人)も野党も、不毛な政権批判に
転化するばかりで決して正面から受け止めようとはしてくれません。
問題を孕みつつも、強引ながらも、その苦悩を引き受けようと
する姿勢を示しているのは結局のところ、与党以外にはない
ように見えます。
だから国民も、与党へ入れるしかない・・・のが現実のところ
なのではないでしょうか。

相変わらず進歩のない新聞各紙の論評に、私は深い徒労感を
禁じ得ませんでした・・・。


左派陣営が好んで用いる「右傾化」ですが、その中身には
米国(軍)に頼らずとも自国防衛を成り立たせたい・・・と
いう、苦悩にまみれた自立への芽生えが、確実に含まれている
ように思います。
改憲論議への急激な容認の風潮も、このイラク戦争抜きには
語れないでしょう。

イラク戦争後の日本を「右傾化」と評して批判することしか
できない人々・・・それは広く日本を覆っている「苦悩」に
正しく気づき、共感できていない人々でもあるでしょう・・・は
今後も国民世論の動向を読むことができず、裏切られ続ける
しかない人々です。

そうした人々に、私は同情できません。
 
posted by 水無月 at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

親王誕生

 
私は素直に嬉しく思いました。
両陛下と秋篠宮ご一家に、心よりお慶び申し上げます。


この件に関しては、思えば本当に色々ありました(汗
私は男系天皇支持者ですが、そのことをネット上のとある場所で
明記したら「予想外でがっかりした」という、まさに予想外の
コメントをいただき、困惑したこともありました。

男系天皇という日本の文化や伝統、または血統を守りたいと
願う気持ちは、男女平等思想(フェミニズム)とは
元来、次元を異にするものだと私は理解しています。
しかしそれを文章で表現し主張することは本当に難しい・・・。
男系主義であることが、男尊女卑思想の持ち主であると
解釈されることは、耐え難い苦痛でもあります。
私は、フェミニズム陣営からのこうした反応にこそ、むしろ
舞台となる国の文化と十分に許容・融合できていないという
意味での、日本におけるフェミニズムの未成熟を感じざるを
得ませんでした・・・。


もうひとつ思い起こすのは、小泉現首相が主導した昨年の
皇室典範改正論の慌しさや、その顛末です。
周知の通り、秋篠宮妃が懐妊なさってからというもの
この動きはぴたりと止まりました。
男子が継ぐのが望ましいが、それが無理なら今上天皇直系で
天皇論としての万世一系は二の次、三の次で・・・というのが
現政権の考え方のようです。
こうした発想は、今上天皇ご一家を利することはありこそすれ
天皇、もしくは天皇制自体にとっては、その存在意義を危うく
する作用しかない、と私は考えています。
天皇の天皇たる所以は日本神話、わけても天照大御神との
結びつきにあります。天皇という存在を守りたいのなら
万世一系と三種の神器を(どれほど馬鹿馬鹿しく幼稚に思えても)
死守するしかありません。
今上天皇ご一家の将来を守るために天皇という稀有な日本文化を
犠牲にしてもよい・・・と考えるのなら、女系容認となるでしょう。
しかし私自身が一番大事に思っているのは、文化としての天皇
ですから、女系容認の立場は取れません。


政争の道具にまで危うく堕ちかけていた天皇家お世継ぎ問題を
ひとりの女性が、わずか一年足らずで有無を言わせぬ決着へと
導きました。
このことも、実に感慨深く思われます。
泣く子と地頭には勝てぬ・・・ではないですが、いったん親王が
お生まれになったからには、この問題は議論自体が不謹慎として
一世代先送りにされることでしょう。
男系論者の私としては結論に異存はありませんが
十分な議論を経ずして結果だけを与えられたこの成り行きに
どこか呆気に取られたような・・・危ういものも感じています。

とりあえずは・・・女性には敵いません、というところでしょうか(苦笑
そういえば、天照大御神も(異論はありますが)女神でした。
天照と天皇の関係は、かつて邪馬台国を治めた女王卑弥呼と
彼女に仕えた弟との関係が原型であろうという説がありますが
私もこれに近いイメージを持っています。



     ◇     ◇     ◇



※ またしても、あまりにも長く更新できずにいて、ごめんなさい(汗
私は元気ですが、相変わらずBLOGまではなかなか手が回りません。
今回は、半世紀後には祝日になっているかもしれないこの日を記念し
慌しく別所にて書き散らした日記文をUPしました。



 
posted by 水無月 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) |   ◇皇位継承問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。