2006年09月13日

日本にとっての「イラク・ショック」

 

イラクの大地に最初の着弾があった瞬間 
イラク問題は米国問題に変わった


これは昔書いた日記の一部です。
日付を見ると・・・「2003年3月22日」

・・・あれから三年半。

イラクから大量破壊兵器が見つからなかったことで
米国内にはイラク戦争を疑問視する声が高まり
現政権への支持率も低下しているそうですね。
それを受け、「当時米国を支持した日本政府(小泉政権)も
大義が崩れたのだから判断の過ちを率直に認めるべきだ」
という趣旨の新聞記事を本日、目にしました。

私の意見はそれとは少し違います。
とはいえ、当時の小泉政権の判断が正しかった、などと
言いたいのでもありません。
小泉政権は間違いなく誤った選択をしました・・・が
その過ちは、いわば当時の日本国民総意の上での過ちだった
と思うのです。

誤った選択を最初にしたのは米国です。
そのことを、私の見、感じるところの皮膚感覚では
日本国民の過半数は知っていました。
しかし、誤てる米国にそれでも日本はついて行かざるを
得ない・・・というのが、当時の政府の判断であり
国民の判断でもあったろうと思います。
だからこそ、自衛隊のイラク派兵に反対する国民は
当時の世論調査によれば2/3を超えていたのに、その数が
そのまま野党へは流れないのです。

大量破壊兵器が見つからなかった・・・から
あの戦争は間違っていた、それを支持した小泉政権も間違っていた
などという論評(=正論)を今さら垂れ流して澄ましていられる
ような人々は、あまりに理解が浅い、と言わざるを得ません。
日本への理解も、日本国民への理解も、政治への理解も
浅い・・・。浅すぎる。中学生並です。
そんな書生論に政治は任せられませんし、日本の将来を
託すこともできません。
市井の国民の方が何倍も成熟しており、現実を知っている
・・・ように私には思えます。

この三年半・・・。日本は変わりました。
その遠因には確実に、「間違った派兵を、間違っていると知りつつ
それでもなお、選択しなければならなかった」苦悩という
この日本にとってのイラクショックがある、と私は思っています。
ベトナム戦争の時には日本は辛うじて派兵を免れましたが
当時と比べて飛躍的に増大した国際社会における日本の存在感が
もはや「派兵しない」選択を許されなくしています。
そのことに、日本国民は気づかされたのだと思います。

友人(仏独)の説得にも耳を貸さず、明らかに誤った道にも
堂々と突き進んでしまう未熟な超大国・アメリカ。
その米国に追従笑いを浮かべて従わざるを得ない平和主義の
敗戦国・日本。

けれどもこの、日本国民が否応無く飲み込まされた「苦悩」を
新聞各紙(メディア=知識人)も野党も、不毛な政権批判に
転化するばかりで決して正面から受け止めようとはしてくれません。
問題を孕みつつも、強引ながらも、その苦悩を引き受けようと
する姿勢を示しているのは結局のところ、与党以外にはない
ように見えます。
だから国民も、与党へ入れるしかない・・・のが現実のところ
なのではないでしょうか。

相変わらず進歩のない新聞各紙の論評に、私は深い徒労感を
禁じ得ませんでした・・・。


左派陣営が好んで用いる「右傾化」ですが、その中身には
米国(軍)に頼らずとも自国防衛を成り立たせたい・・・と
いう、苦悩にまみれた自立への芽生えが、確実に含まれている
ように思います。
改憲論議への急激な容認の風潮も、このイラク戦争抜きには
語れないでしょう。

イラク戦争後の日本を「右傾化」と評して批判することしか
できない人々・・・それは広く日本を覆っている「苦悩」に
正しく気づき、共感できていない人々でもあるでしょう・・・は
今後も国民世論の動向を読むことができず、裏切られ続ける
しかない人々です。

そうした人々に、私は同情できません。
 
posted by 水無月 at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。