2005年12月12日

黒塗り教科書と平和憲法

※以下は改憲に関しての覚書です。2005年12月10日の日記より抜粋。


本日風呂場で不意に思ったこと。
終戦直後の黒塗り教科書の衝撃を、今の戦後世代(代表は私)は
受けてるのかもしれないなぁ・・・と。
他世代のことは知りませんがね。
あれが侵略戦争でなく自衛戦争だったと考えるのは難しい。
結局定義の問題じゃなかろうか・・・と思ってみる。

「過ちは繰り返しませぬから」(広島原爆慰霊碑)
この「過ち」とはなんぞや?
戦争をしたこと、か、戦争で負けたこと、か。
私には正直言ってわからない。ごめんなさい。
私は戦後生まれであって、戦争を体験したわけじゃないのだ。

認識など脆いもの。
それが歴史だ。と思う。


     ◇     ◇     ◇


戦争をできる国にしようとしている・・・という改憲反対派の
スローガンはなんか変じゃない?
「戦争をできる国」の反対は「戦争をできない国」だ。
戦争をできない国のままでいたいということか。戦争を
できる国
できない国
できるけどしない国
できないからしない国
正解はどれ? 今までの日本はどれだったでしょう?
そして今後どれを目指すべきでしょうか? 四択です。

できないけどした国
できるからする国
もあるかもね。戦前日本と現在米国。

確かなのは
改憲反対派は国民を信じていないということ。
国民を信じないと言う代わりに
政府を信じないと言っているに過ぎない。
(では私は日本国民を信じているだろうか)


     ◇     ◇     ◇


もうひとつ思ったのは
平和憲法は理屈じゃないんだよね。
たぶんそれは、戦争をできない国に必要だった自意識だ。
戦争はできないけれど平和憲法がある、という誇り。
もしくは慰め? 民族の・・・。
護憲家の中では平和憲法と愛国心はなんら矛盾せず
時に同一のものだったりする。
天皇陛下が平和憲法に取って代わられただけなのじゃあるまいか。
だからその権威の崩壊に直面する衝撃は
黒塗り教科書に匹敵する・・・と思ったわけ。

戦後的価値観(リベラリズム?)に染まりきった人間が
平和憲法の国際政治上での限界を認識することは
教育勅語的価値観の中で育った日本人が
天皇の人間宣言を聞かされた時に(おそらく)感じたであろう
と同質の、衝撃と抵抗感に曝されることなのかもしれない。

もちろん、いつの時代にも、易々と時流に乗り
価値観の転換を果たせる人もいるし、それが苦手な人もいる。
時流など関係ないよ、という人も。


天皇や天皇制を守るため、GHQにゲリラ戦など挑まなかった
日本人だから(一億玉砕はどうなった)
平和憲法を守るための草の根ゲリラ戦も勝敗は見えている。
それが日本人だ。
posted by 水無月 at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内(憲法・改憲) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歴史的基礎知識には自信がありませんが、ひとこと。

平和憲法を大事にいただいている日本人ですが、その平和憲法自体、GHQから押し付けられたものでしょ。いいものを押し付けてもらったと個人的にはアメリカに感謝してますが(笑)。
だから今でもアメリカに頭が上がらないし。

日本人は、平和を守るということに関しても、どこかあなた任せで真剣味が足りないと思います。
お仕着せの平和を享受しているから、平和を勝ち取った国民とは根本的に違うと思うんですけどね。
Posted by dashi at 2005年12月14日 21:49

dashiさん、こんにちは♪

お仕着せの平和。お仕着せの憲法・・・同感ですね。
日本人を好意に捉えると、非常に謙虚で学ぶことに勤勉&貪欲。
明治維新以降、日本は常に欧米に学んでここまで来たのだと思います。
それを裏から解釈すると、自分で道を切り開こうとせず
与えられたものに安住してしまうのでしょうね・・・。

ちなみに私はアメリカ・・・個人的に好きじゃないのですよ(汗
別に日本だからというわけじゃないですが
原爆を落とした国家ということを考えると、受け入れることは絶対にできません。
改憲問題に関しては、それが日本国民全体が十分に議論を尽くした末での
改憲であれば、あえて反対しようとは思わないですね・・・。
もちろん、拙速は避けなきゃいけないですけども。
Posted by 水無月 at 2005年12月16日 11:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10583611
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。