2006年01月12日

耐震強度偽装問題・・・資料編(1/10現在)

【 事件の概要 】

<1. 姉歯氏関与物件>

国土交通省の公表資料によれば、1月10日現在で判明している偽装状況は以下の通り。
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/07/070111_.html

姉歯建築士の関わった物件は

 平成2年から17年までで計205件。うち

  改竄の判明したもの・・・・93件(平成10年から)
  改竄のなかったもの・・・・85件
  不明等・・・・・・・・・・・・・・・17件
  調査中・・・・・・・・・・・・・・・10件



 改竄の判明した93件の内訳。その@

  東京都・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30件
  神奈川県・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16件
  千葉県・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13件
  愛知県・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7件
  静岡県・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4件
  群馬県・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3件
  長野県・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3件
  福岡県・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3件
  京都府・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  兵庫県・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  奈良県・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  佐賀県・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  埼玉・岐阜・三重・和歌山・鹿児島県・大阪府
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件(計6件)



 改竄の判明した93件の内訳。そのA

  共同住宅・・・・・・・・・・52件
  ホテル・・・・・・・・・・・・38件
  一戸建て住宅・・・・・・・3件



 改竄の判明した93件の内訳。そのB 建築主
 ◇共同住宅
  潟qューザー・・・・・・・・・・・・・・・・・・22件
  潟Tン中央ホーム・・・・・・・・・・・・・・6件
  潟Vノケン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  潟Vノケン東京支店・・・・・・・・・・・・・4件
  潟nウジング大興・・・・・・・・・・・・・・・2件
  東日本住宅梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  潟Vンアイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  小俣組・潟Vステムプランニンク・・・1件
  岡部産業梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  潟Gルクリエイト・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  潟Oランビル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  渇ェ部マイカ工業所・・・・・・・・・・・・・1件
  世紀東急工業梶E・・・・・・・・・・・・・・・1件
  個人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  不明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8件
 ◇ホテル
  京王電鉄梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3件
  糾竝闔タ業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  JR系企業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  椛轟、ビー・エイチ企画・・・・・・・・・・1件
  その他の企業群・・・・・・・・・・・・・・・30件(うち不明8件)
 ◇一戸建て住宅
  その他個人?・・・・・・・・・・・・・・・・・・3件(うち不明3件)



 改竄の判明した93件の内訳。そのC 設計者

  平成設計梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27件
  姉歯建築設計事務所梶E・・・・・・・・・・・・・9件
  潟Xペースワン建築研究所・・・・・・・・・・・7件
  木村建設梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6件
  潟Vノケン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  潟Vノケン東京支店・・・・・・・・・・・・・・・・・4件
  叶X田設計事務所・・・・・・・・・・・・・・・・・・6件
  渇コ河辺建築設計事務所・・・・・・・・・・・・5件
  潟Gスエスエー建築都市設計事務所・・・4件
  活苡繻囃z企画研究所・・・・・・・・・・・・・・4件
  鰍jSM一級建築士事務所・・・・・・・・・・・3件
  豊國建設(株)一級建築士事務所・・・・・・・2件
  樺村組・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  鰹建築・まちづくり研究所・・・・・・・・・・・1件
  潟Aーキグラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  渇ェ田建築設計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  鞄c口設計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  世紀東急工業活鼡煙囃z士事務所・・・・1件
  不明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8件



 改竄の判明した93件の内訳。そのD 施工者

  木村建設梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・24件
  木村建設梶負L川興業梶E・・・・・・・1件
  木村建設梶芙叶i藤建設・・・・・・・・1件
  潟Tン中央ホーム・・・・・・・・・・・・・・6件
  潟Vノケン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3件
  潟Vノケン東京支店・・・・・・・・・・・・・4件
  太平工業梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3件
  太平工業鞄結梹x店・・・・・・・・・・・・1件
  豊國建設梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3件
  三交ホーム梶楓L國建設開V・・・・1件
  叶井工務店・・・・・・・・・・・・・・・・・・3件
  窪田建設梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  窪田建設梶芙滑ロ山工務所・・・・・・1件
  鰹シ村組・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  鰹シ村組東京本店・・・・・・・・・・・・・・2件
  潟qューザー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  樺村組・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  東鉄工業梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  東鉄工業渇。浜支店・・・・・・・・・・・・1件
  小野里工業梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  島田・小野里建設共同企業体・・・・・1件
  且u多組・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  叶A木組・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  丸運建設梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  川村建設梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  兜沒c組・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  奈良建設梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  都市計画工業梶E・・・・・・・・・・・・・・・1件
  椛田工務店・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  鹿島建設梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  椛蝸ム組・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  潟Aトリウム建設・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  勝村建設梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  大鉄工業梶E・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  世紀東急工業梶E・・・・・・・・・・・・・・・1件
  未定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3件
  不明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12件



 改竄の判明した93件の内訳。そのE 建築確認

  イーホームズ・・・・・・・・・・・・37件 
  日本ERI ・・・・・・・・・・・・・・・・13件
  UDI確認検査 ・・・・・・・・・・・・2件
  東日本住宅評価センター・・・1件
  ビューロベリタス・・・・・・・・・・1件
  (財)日本建築総合試験所・・・1件
  愛知県・・・・・・・・・・・・・・・・・・4件
  横浜市・・・・・・・・・・・・・・・・・・4件
  長野県・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  川崎市・・・・・・・・・・・・・・・・・・3件
  京都府・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  岡崎市・・・・・・・・・・・・・・・・・・2件
  東京都・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件
  その他5県8市7区・ ・・・・・・・・1件(計20件)
 (群馬・岐阜・静岡・佐賀・鹿児島県
  前橋・伊勢崎・平塚・松本・大阪・姫路・和歌山・福岡市
  荒川・渋谷・杉並・台東・太田・中央・北区)





<2. 非・姉歯氏関与物件>

国土交通省が現在把握し調査済もしくは調査依頼中の物件は以下の通り。



 @ 姉歯物件・・・・・・・・・・・・205件(うち偽装93件)

 A 木村物件・・・・・・・・・・・・218件(うち偽装0件)

 B ヒューザー物件・・・・・・・・62件(うち偽装0件)

 C 平成物件・・・・・・・・・・・・・22件(うち偽装0件)

 D 総研物件・・・・・・・・・・・・139件(うち偽装0件)


※@姉歯物件は姉歯元建築士の関与したもので、前項の通り。A木村物件は木村建設が関与し@でないもの。Bヒューザー物件は、ヒューザーが関与し、@、Aでないもの。C平成物件は、平成設計が関与し、@、Aでないもの。C総研物件は総合経営研究所が関与し@〜Bでないもの。



<追記 国交省は持てるデータを全て公開せよ!>


国土交通省のデータ公開の在り方・・・には疑問を感じざるを得ません。

平成17年12月30日発表【12月29日現在】データ中の、【(別紙1-2) 構造計算書偽装物件 (11月22日以降判明分)】http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/07/071230/02.pdf
が左へ90度傾いているのはなにか意味があるのでしょうか。
私のように、誰に頼まれたわけでもなく一銭の得にもならないのに目を皿のようにしてデータを見る・・・人間への、もしかしたら嫌がらせかもしれませんね。
嫌がらせをする暇があるなら、鰍ニ(株)、全角と半角(たとえばERIとERIなど)を統一するくらいの配慮はして欲しいものです。配慮というより、これは美意識の問題でしょう。どうやら国交省は、日本の民間企業に勤める社会人ならば当然備えていてしかるべき最低限の美意識を持つ人材にも、不足しているらしいです。さもありなん(笑

・・・というような皮肉はさておき、一度UPした資料を、国交省のお役人方はまともに見直してもいないのではないか、という不安を抱いたのは確かです。これまでは天地がきちんと表示されていたものが、90度回転した状態でUPされ、しかもそれが訂正されることなく、次の発表データは素知らぬ顔でまた天地正しくUPされている・・・。内部の混乱ぶりが窺えます。まさか混乱の最中、打ち間違えなんてことはないでしょうね?


もうひとつ。こちらを見てください。
平成18年1月11日発表【1月10日現在】データ中の
【(別紙1-2) 構造計算書偽装物件 (11月22日以降判明分)】http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/07/070111/02.pdf
この中に、新規に判明した偽装物件として四件が上がっています。その四件は建築確認日付も物件名も施工者も設計者も・・・ほとんどすべての項目が「*」印。表の末尾の注釈を読むと、「* 表中、空欄は、現時点で特定行政庁から報告が上がっていない事項」とあります。
つまり、*欄は報告がないため国交省にも把握できていない情報ということになります。もっとも、赤字で示した通り「等」とあるので、国交省は情報を持っているけれども同省の判断で公開を控えている情報も中にはある・・・可能性も留保しています。
そして同日公開のこのページ。【(別紙3)姉歯建築設計事務所が関わった物件の建築確認日について】http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/07/070111/04.pdf
これを見ると、この日新規判明分として発表した四件がどこに(何年の項に)プラスされたか、括弧書きで補足されています。
つまり、国交省は新規に判明した偽装物件の、少なくとも建築確認日は把握しているということです。

これに気づいた時、私は唖然としてしまいました。こんな馬鹿な話があるでしょうか? 国交省は情報を得ているのに、それを国民には公開していないのです。
なぜ? なんのために?
無用の混乱を避けるため、もしくは、風評被害を防ぐため、でしょうか。けれども、たとえどんな理由をこじつけようと、それが国民に対する背信行為であることには変わりありません。などというわけのわからない言葉で手に入れた情報を隠匿する権限など、国民はいかなる役所にも認めていないのです。

私がここで厳しく言及するには、わけがあります。
まず第一に、これまで国交省は同様の「不明」だらけの偽装物件を八件公開していますが、そのすべてが共同住宅であること。もしかしたらそこに住む住人にはこっそり告知されているのかもしれませんが、もし告知されていないとすると、住民の立場はどうなるのでしょう? 自分の住むマンションが実は耐震強度を満たしておらず、そのことを地方自治体や国は知っていたのに、隠していた、という恐ろしい事態となります。そしてそれはすなわち、自分の住むマンションの名前が挙がっていないからといって安心できない、事態を意味するのです。国交省は住人に告知したかどうかさえ公表していません。彼らは国民の間にパニックを引き起こしたいのでしょうか?

次に、この八件の中にこそ、姉歯氏が偽装を始めた最初期の物件が含まれている、ということ。同省公開のデータによれば姉歯氏は1998年から偽装を始め、現在二件が判明しているようですが、その二件ともが、わけのわからない「不明」のベールに覆われています。
これでは姉歯氏がなぜ偽装を始めたのか、究明するのに大きな支障を来たしてしまいます。国交省が情報を隠匿するのは、まさにそれが重要な情報だからではないのか、という疑惑を抱かれても当然でしょう。
後ろ暗いところがないのであれば、国交省は直ちに、持てる情報のすべてを公開すべきです

最後に、最近になってこうした「不明」物件が、急激に増えていること・・・。偽装物件の最近の判明具合をまとめてみましょうか。

 2005年12月21日以前 偽装78物件(うち不明は個人木造建物の3件のみ)
    12月21日公表 ホテル+1 共同住宅+3(うち不明2)
    12月22日公表         共同住宅+3
    12月28日公表         共同住宅+3(うち不明2)
    12月30日公表 ホテル+1
 2006年1月11日公表         共同住宅+4(うち不明4)

「不明」物件は、所轄自治体(特定行政庁)と建築確認機関以外の、ほぼすべてのデータ欄が「*」印で埋められている物件です。こうした不明物件のここ最近の急激な増加・・・。
これはいったいなにを意味するのでしょうか? もし、必要な書類を自治体や建築確認機関が破棄してしまっていたというなら、それをそのまま公表すべきでしょう(最も新しい「不明」物件は2003年のものですから、もしそうであれば関係機関の怠慢・杜撰さへの非難は免れないでしょうが)。
けれども先に示したように、「*」で埋められている項目でも、実際は情報があるのです。建築確認日は、少なくとも判明しているはずです。となれば、せめてそれだけでも公表すべきなのです。
これをも公表できないというなら、それはいったいなぜなのでしょう?

私は、情報を持つ、つまりそれ自体で優位である国交省(や官僚)が、情報操作に乗り出しているのではないか、という危惧を抱いています。
この嫌な予想が、外れていることを祈るばかりです。



※関連エントリ

外部ファイル版【姉歯偽装物件時系列一覧

耐震偽装の源流は九州かも・・・?
渡辺朋幸氏という人
時系列で耐震強度偽装事件を見ると
姉歯秀次氏という人
偽装事件は小さな政府を大きくするか?
耐震強度偽装問題・・・意見・感想編
全裸で自殺・・・の謎 耐震強度偽装問題
posted by 水無月 at 07:33| Comment(18) | TrackBack(1) |   ◇耐震強度偽装問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
12日の資料です。本日、総研に関する数値が始めて、掲載されたのですが
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/07/070112_.html
「(株)総合経営研究所が関与した物件として、特定行政庁に調査を依頼した139件
について、関与の内容として従業員教育の委託など建築物新築時の関与が無いとの
報告を受けた20物件を調査対象から除外した。」とあります。
少なくとも、国土省は安全確認や検査期間の精査を行う気は全く無いようです。
10日以前は整理中となっているにも関わらず、総研関連の偽造欄は0と、最初から
欄が埋まっている状態でした。

また、上記にもありますが、他にもマスコミが既に発表しているにも関わらず、
不明となっている物件や項目が幾つもあるのです。

加えて、総研関連の役員が経営している別会社も、総研と同工法で建てられて
いますが、一部週刊誌で報道されたにもかかわらず、全く検討・計上されていません。
これらの中には、介護施設など極めて公共性の高い物件も含まれているので大変重要
です。
この、隠蔽の仕方は国民に対して背信行為そのものですね。公務員の告発の義務が
全く機能していないと言って良いでしょう。
Posted by u92 at 2006年01月13日 00:24
>情報を持つ、つまりそれ自体で優位である国交省(や官僚)が、情報操作に乗り出しているのではないか

全くね、同感です。このところ異様なくらい、報道がクールダウンしていますよね。
おかしいと思います。いくら大雪だの赤ちゃんの誘拐があったにしても、ヘンです。
目新しい情報は隠され、意図的に黙らされているような気がしますね〜。
頑張って下さい、応援しています。
Posted by dashi at 2006年01月13日 14:26
すみません、水無月さん。全然関係ない件で恐縮しますが、ちょっとこの場を借りて、dashi さんに2006-01-11 17:25:21
あり得ない話 [興味津々] へのコメント書かせてください。(どうもHPないと書けないみたいで、恐れ入ります。)
うちにもハムスターいますもんでこのニュース興味深く見ました。ちなみにうちのハムは価格コムのジャンガリアンとして掲載されているいわちゃんです。
http://kakaku.com/pet/detail.asp?PrdKey=55300210002
どれも同じ顔ですから自慢にはなりませんが・・・。
Posted by 建つ三介 at 2006年01月13日 17:14


皆様、コメントありがとうございます!

>u92さん
 コメント感謝します。
 そして記事中でのリンクもありがとうございました。
 まず、国交省の件は仰る通りだと思います。
 木村建設やヒューザー、イーホームズなどに対する態度と比べ、どうも総研だけは微妙に温度差があるように見えてしまうのも不信感を募らせます。なんだか国民が飽きるのを待っている、というか、幕引きのタイミングを見計らっているのではないかと疑心暗鬼になってしまいます。
 偽装物件に関して報道より遅れるというのも、確かに解せないですね。とはいえ私はマスコミも、全面的に信用しているわけではないのですけれども・・・(苦笑

 ところでu92さん、実はコメントをいただいたことことは私にとっても大変良いことでした(その割に返信が遅れてしまって申し訳ないです 汗)。
 u92さんの記事・・・というか、ページ、大変よくまとまっていますね。私も最近気づき、その努力と熱意に深く敬意を表しています。2ちゃんねる掲示板の皆さんの意見にも、参考になるものが多いと常々思っています。
 ただ、ひとつだけ疑問なのですが、「SG会」は、あれでよいのですか?
 http://www.jiscom.co.jp/
 総研がSG会なる会を持ち、資材の共同購入やらなにやら色々やっていたことは漏れ聞いています。総研のHPも見ました。しかし貴ページでリンクされている「SG会」は、TOPで「総研とは無関係」と謳っていますし、それはおそらく嘘ではないだろうと私は思ったのです。
 というのも、ひとつは会の趣旨が、明らかにリンクのSG会の方は建築とは関係ない・・・。むしろ宗教がかっているように思えます。ところで宗教といえば創価ですが、こちらのSG会は創価とも無縁なのではないか、という感触を持ちました。これが二番目の理由です。
 リンクのSG会には、関係著名人として創価とも関わりのある人物が名を連ねているという話ですが、一方で、この会のビデオの中で
「当会の勢力拡大のために十万人以上の信者のいる宗教団体にメールを出す・・・云々」
という発言があったのを、私は偶然見つけました。
 創価学会の大きな特色のひとつは、徹底的な他宗教への攻撃、ということだと私は思っています。そうなると、リンクのSG会が創価の別組織という考えは、私にはなんとなく違和感があるのですね。
 そこで結局、あのSG会は、総研が関与しているSG会とは、たまたま名前が同じだけの別組織だ、と私は判断したのです。
 このことは時間があればエントリに上げようかとも思っていたのですが、u92さんと会話できたのは実に幸運でした(もし、u92さんの勘違いということで、リンクが消されるのであれば、私がエントリを起こすまでもないですから・・・)
 u92さんがもしこの返信を目にされる機会があれば、お考えを聞かせていただけませんか? 頂いたコメントの返信が「お願い」とは誠に恐縮ですが、宜しければお返事をお願いします・・・。
 申し訳ありません(汗


>dashiさん
 これに関するニュースの量は確かに激減しましたね。
 総研も木村もヒューザー・平成物件も、調査したけど偽装はなかった
 の一点張りです。それが真実ならこんなに安心できることはない
 はずですが、肝心の国交省が記事にも書いたようになんとなく怪しい・・・(困
 私などはなんの力もありませんが、おかしいと思ったことだけは正直に
 おかしい、とこれからもこの場で書いてゆくつもりですよ。
 どうぞ今後もよろしくお願いします。


>建つ三介さん
 こんばんは♪ どうぞ遠慮なく(笑
(しかしdashiさんのところはHPとは関係なくコメントできたように思いますが 汗)
 ハムスター拝見しました。可愛いですね。
Posted by 水無月 at 2006年01月13日 23:02
どうもそうみたい、でした。ちゃんと届いていたのに、それがよくわからなかっただけでした。どうもまだパソコンの使い方に慣れていないので、特にブログとか、コメントとかこの数週間で覚えたばかりなので、・・。
実は僕はロシア語・連れ合いは西欧語幾つかのラジオやテレビを見たり聴いたり、新聞読んだり、等が目的でADSLに加入したのが真相でして・・。とにかくありがとうございました。
Posted by 建つ三介 at 2006年01月14日 01:16
res有難うございます。

リンク先は、まとめるにあたり、事件前の記載や証拠を
優先に判断基準とし、私なりに中庸になるよう考慮した
結果、現在のようになっております。

経緯としては、総研のページにSG会の説明が載ったのは
事件後に改訂されたページでして、他のSG関連のページ
では、SGグループと表記されておりましたので、この
ページでは総研関連が現在指すSG会はSGグループとして
、表記する事にしました。

(改訂前の総研ページのミラーです)
http://u92.s172.xrea.com/knewsp/www.gmc-sg.co.jp/

また、このページのSG会は姉歯秀次が創価学会の熱心な
会員という報道内容を踏まえ、リンクにしている次第で
事件前から姉歯秀次の生活に関わっていたと言う視点が
大きく、オウム事件の様に宗教関連も特別視してはいけ
ないという教訓からです。

ですから、現在総研が主張する数百社に及ぶSG会のリスト
や、創価学会に献金している関連企業リストが全部出て
来るような証拠が出てくるようでしたら、改めてSG会の
リンクを更に設けたいと思います。

何分、情報が錯綜しており記載内容やリンク先の不備が
あるかもしれませんが、整理のお役に立てれば何よりです。

しかし、黙っていると、国民にツケが来る社会になって
しまったのはなんと残念な事か。
誰も責任を取ろうとしない、関係者や上級庁ばかりで、
唖然としてしまいます。
Posted by u92 at 2006年01月14日 02:50
こんばんは♪ 迅速なお返事ありがとうございます。

>建つ三介さん
 dashiさんのBLOG、私も拝見しました。
 コメントのお返事も返っていて、良かったですね。
 ところで建つ三介さんはパソコンはまだ不慣れで
 いらっしゃったのですね(という私も同じようなものですけど 汗)
 なんとなく、納得いたしました。
 というのも、【リベラル・補記】のエントリで
 私の「情報収集」に関してお褒めいただきましたが
 あのページに<資料>として載せた内容は、すべて【Wikipedia】
 から引用したもので、その気になれば誰でもすぐ見られる内容です。
 私自身も全然努力せずに得た情報で、普通のPCユーザーなら
 そんなことはすぐわかるのに・・・(もしかして皮肉??)
 と不思議だったのです(笑
 私は、建つ三介さんにこそ、BLOGをお勧めしますよ。
 建つ三介さんとの交流は私にとっては楽しいものですが
 私だけではあまりにもったいない気がします。
 ご自分のページを持たれて、建つ三介さんの関心のあることから
 順に整理し、世間に広く問う、ということをなさるべきでは
 ありませんか? 今のBLOGはどこも整備されていますから
 案外簡単に作れてしまうものですよ。私はそれをお勧めしたいです(笑


>u92さん
 お返事ありがとうございました。感謝します。
 記事の趣旨、u92さんのお考え、共によくわかりました。
 要するに、総研のSGグループと、宗教がかったSG会とは
 区別して認識なさった上で、なお、SG会にはリンクする意味がある
 とお考えだということ・・・ですね。
 了解いたしました。
 私は誤解しておりましたので、正していただいてよかったです。
 ありがとうございました。

 国民は黙っていてはいけない、ということでしょうね。
 私も及ばずながら注目し続けたいと思っていますが
 u92さんのような方がいらっしゃるのは心強いです。
 それにしても、最後まで名前が出ないのは官僚ですね。
 政治家や民間人の名前はチラホラ出てきても、官僚の名前は
 最後まで出てこない・・・。関係ないはずはないと思うのですが。
 そもそも国交省に限りませんが、どのポジションに誰が(何年)
 座っているか、という情報さえ国民には知らされていません。
 しかも、今回の事件のように、たとえば構造計算プログラムに不備が
 あったとしても、その不備の責任を問われる人間は誰もいないのです。
 誰も責任を取らず、最終的に公金だけが支出される・・・。
(一応回収予定ですけど、実際は無理でしょう)。
 これも考えてみると、納税者としてはなんだか納得できない話です。

Posted by 水無月 at 2006年01月14日 03:51
こんにちは、毎度すみませんがちょっと失礼。
えへへ、PC操作に自信がない人が他にもいたかと嬉しいdashiです。建つ三介さん、ブログってすごーく簡単だし面白いので是非始めて下さい。
お名前のところをクリックしても飛ばないんですが、どういう仕組みかさっぱりわからない。わかんなくてもブログは出来るんですよ〜有り難い時代です。

水無月さんにお訊ねしたいのですが、このサイトのトップに行くのに、一発で出るにはどうしたらいいか教えて下さい。
今までは「余白から、、、」のところをクリックしたらよかったのですが、最近はそれだけだと右側の、メニューというのかな、縦の部分が表示されないんです。本文だけなんですよ。
そこで最新日付をクリックするとちゃんと出るんですけど。たいした手間ではないんですが、直接アクセス出来たらなあと思っています。
急がないので、おひまなときにお願いします。
Posted by dashi at 2006年01月15日 10:54


dashiさん、こんばんは♪

え〜と、このコメントに気づいてから何度か操作しているのですが
私のPC環境では、右の部分が出ない、という状況が起きないのです(汗
なんともお答えになっていなくて申しわけありません(汗

私が把握している範囲でも、メインページへ行くには
「タイトル部分を押下する」か
「記事ページの最上部の【Main】を押す」か、の二つの方法しか
ないように思います。
再度お試しいただいて、もし、どうしても表示がおかしいようなら
【Seesaa BLOG】のバグでしょうから、そちらへ問い合わせてみて
いただけないでしょうか? お力になれず、申し訳ありません(汗
なお、BLOGの構成等は、ここ一ヶ月ほどは(私は)全く変えていません。

Posted by 水無月 at 2006年01月16日 00:18
水無月さま
お手数おかけしました、なぜか自然治癒(?)したようです。アメーバブログが文字化けするので対策をしたのと関係あるのかな? PCはわけわからん謎の山です〜。
とにかく解決したので、ホントにごめんなさい。
Posted by dashi at 2006年01月16日 11:19

dashiさん、こんばんは♪

dashiさんから提出された謎、私にはわかったかもしれません(笑
実は昨夜から、当BLOGに妙なトラックバックが連続して送られてくる
ようになりました。内容は英文(というか文章になってないですが)
のみで、よくわからないURLの満載したものです。
一方でこのSeesaaテンプレートの特徴なのですが
記事やコメント、トラックバックの中に、メイン部分の
横幅を越える図表が記載されている場合、画面が崩れ、
右部分が押し出されてメイン部分の下に張り付くような状態になるのです。
URLは本来、長いものは自動的に適宜切られるようになっているはずですが
稀に、文字の繋がりの関係で、どうしても自動的に切ることができず
長いままに表示されてしまうことがあるようです。
もうおわかりかと思いますが、そうした過剰に長いURLも
図表と同じ扱いになり、右部分を押し出し、一見消えてしまったかの
ように表示させる可能性があります。

昨夜から送られてきたジャンク(屑)トラックバックは、気づいた時点で
私が削除しています。
しかし削除されていない状態で、かつその中に過剰に長いURLが
含まれていた場合、読者の皆様には、メイン・ページを見た時点では
右部分が消えてしまったように見えるはずです。
メイン・ページでは最新十記事が表示される設定ですから
その十記事の中のどれかひとつにでも、該当するトラックバックが
張り付いていれば、そのような状態になってしまいます。
一方で記事を単独で見れば、その記事にたまたまそうしたジャンク・トラバが
張り付いていなければ、右部分も正常に表示されるはずです。

私がトラックバックを削除したり、また送られたり・・・の中で
タイミング悪く、dashiさんが来られた時に、そのような事態に
なっていた可能性があるな・・・と、今朝になって思った次第です(笑
もしその私の推測が正しければ、右側部分が表示されていない場合
メイン部分の最下部にくっついているはずです。

最後に、前回お返事し忘れましたが、建つ三介さんは(目下のところ)
ご自身のHPやBLOGは持っておられないようです。
そしてコメントを書き込む際、ホームページアドレス欄に
日本語で「持ってません」とお書きになることもあるようなのです。
そうするとSeesaaのシステムが、日本語の並び自体をアドレスと
認識するために、一見、リンクされているようだけども
どこへも飛べない・・・という事態になってしまうようです(笑

dashiさん、少しでも謎が解明されてスッキリなさると良いのですが(笑
ではでは。
Posted by 水無月 at 2006年01月16日 21:06
そうそう、もしかして犯人は僕かもしれませんね。汗》
長文といい、HPアドレスといい・・。思い当たる節ばかりです。さすがに横文字は使ってませんが・・。猫に小判、三介にパソコン、かも・・エヘ・・。
Posted by 建つ三介 at 2006年01月16日 22:55
そうそう。どうも犯人は僕のようですね、長文といい、HPないといい、汗》
さすがに横文字までは手が回りませんでしたが。お騒がせしました。
猫に小判、三介にパソコンかも・・。エヘ。
Posted by 建つ三介 at 2006年01月16日 23:11


建つ三介さん、こんにちは♪

長文自体はまったく問題ないですよ。私も書くことあります。
建つさんのように中身のあるコメントなら大歓迎です♪(笑
(ただ、私の技量の問題で、十分にレスポンスしきれていない
 部分があり、それは申し訳なく思っていますが 汗)

また、画面が崩れる件は、不適切なトラックバックを削除したところ
今のように正常になっていますから、建つさんとは無関係とわかります。
この英文トラックバックは、よくある嫌がらせの類でしょうね。
動機は不明ですが・・・(私自身はどなたにも失礼のないよう
BLOGを運営しているつもりですので)

そういうわけですから、建つ三介さんは、どうぞなにも
気になさらないでくださいね。
誰しもはじめは初心者です。私もはじめの頃は失敗もたくさんし
恥もずいぶん掻きましたけど、幸い、良い友人にたくさん出会い
その方達に見守られて、ここまでネットを続けることができました。

今後も是非お気軽にお立ち寄りください。お待ちしています。
Posted by 水無月 at 2006年01月17日 16:51
毎度ご迷惑をおかけしまして、行ってるしりからまた、ダブりミスですね。
ちなみに今、ブログの勉強中です。近日中に新規開店しちゃうかもしれませんので、よろしくお願いします・・。
Posted by 建つ三介 at 2006年01月17日 18:08
拝啓、水無月様。
取り合えず形だけ、ブログ開設しましたよ!!
中身はまだ・・ですが・・。おいおい埋めていきますので、時々遊びに来てください。
Posted by 建つ三介 at 2006年01月17日 21:15
水無月さま、ご丁寧にありがとうございました。
はい、たしかにスクロールすると下の方にあったようです、パニクって(?)すみません。
三介さん開設の情報に、一番乗りしてTBまでやってきたひまじんdashiでした。真面目な話題(宮崎勤の件)なので大目に見て下さい。
Posted by dashi at 2006年01月17日 21:53

こんにちは♪

>建つ三介さん

 BLOG開設おめでとうございます。
 【いわいわブレーク】早速お邪魔しました(笑
 そちらで申し忘れましたが、いわちゃん、可愛いですね(笑
 砂場でブレーク・・・は、何とも楽しそうです。
 今後のご活躍を楽しみにしております。

 P.S. ダブりコメントですが、どうぞ気になさらないでくださいね(汗
 建つさんのような手違い(?)のようなものであれば、私も気にしません。
(そうではなく、たぶん故意に、同一コメントを繰り返し下さる方が
 いるのですよ・・・ 汗)


>dashiさん

 宮崎被告の判決、出ましたね。
 私もつい、そちらへ出張して書き込みしてきてきまいました(笑
 真面目・・・というのは、たぶん、最新エントリをご覧になっての
 ご発言だと思いますが、dashiさん(や建つ三介さん)のような
 方であれば、もちろん、どんなコメントでも大歓迎ですので!
 おそらく機械的に送っているのだろうと思いますが
 記事とも関係なく、私とも面識のない、場違いなコメントや
 トラックバック・・・(宣伝が多いのですが)を指してのことです。
 
 ところで、謎が解決して良かったです(笑
 私もスッキリ致しました

Posted by 水無月 at 2006年01月18日 07:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

イーホームズの藤田社長が恫喝
Excerpt: 天気がよくて洗濯、掃除をしたボウズです。天気がいいと気持ちいい☆ 昨日のきりたん
Weblog: ボウズのブログ。
Tracked: 2006-01-12 13:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。