2006年03月06日

松本被告次男入学拒否のニュースで思うこと

気になったニュース。


【松本被告の次男の入学拒否 埼玉の私立中】2006年03月02日20時13分

 オウム真理教元代表・松本智津夫(麻原彰晃)被告(51)=一審死刑、控訴中=の次男が私立中学を受験して合格したが、学校側が入学を拒否していたことが2日分かった。

 入学を拒否したのは埼玉県春日部市の春日部共栄中学校。次男の代理人の弁護士によると、合格発表は1月18日。入学金を支払った後の2月7日、学校側から電話で「松本被告の息子とわかったため、入学を辞退してほしい」と言われたという。

 学校側は2月11日、代理人の弁護士に対し、学校敷地内への次男の立ち入りを禁ずると通告。その後、「2月19日の入学説明会に来なかったから形式的にも入学資格がない。入学金などを返還するため振込先の口座を教えてほしい」と内容証明郵便を送ってきたという。次男の代理人は「仮処分申請や提訴を含めて対応を検討したい」としている。

 松本被告の三女も03年と04年、合格した複数の大学に入学を拒まれた。このうち和光大について、東京地裁は今年2月、「不許可は違法」として損害賠償を命じる判決を出した。三女は別の私立大にも入学を拒否され、学生としての地位保全を求める仮処分を申請。東京地裁がこれを認め、現在はこの大学に通っている。

 〈春日部共栄中の矢口秀樹校長の話〉 中学生は互いに影響しあいながら勉強することが大事。保護者も安心して通わせることを求めている。教団の影響下にないとは言い切れない生徒を入学させれば大きな支障が出る恐れがある。本人に罪はないが、現在の教育環境を守りたい。

asahi.com http://www.asahi.com/edu/news/TKY200603020305.html



実を言えば、私自身がこの記事を見て最初に思い出したのは【ハンセン病患者がホテルに宿泊を断られたケース】でした。とはいえそれはなにも、ハンセン病患者(元患者)がオウム関係者のように恐れられ、差別されている、という意味ではありません。学校長は「保護者の心理」を理由にし、ホテル側も「ほかの宿泊客の理解」を理由にしていた、そこに同じような匂いを嗅いだのです。
オウムということで次に私が思い出したのは、同じオウム(現アーレフ)信徒の【住民票拒否問題】です。そこでもやはり「住民の安心・安全」が転入届拒否の理由になっていますね。

法曹界の判断は一貫しています。松本被告の三女は入学が認められ、自治体の住民票(転入届)不受理は違法行為とされました。おそらく、この次男の件も、司法の場では学校側主張は退けられるでしょう。

人権・・・という問題は、決して簡単ではないのだと思います。
人権を重視する立場の人は、松本被告の子女やアーレフ信徒にも人権を認めるべきでしょう。それは口で述べて終わりというのでなく、もっと身近に、たとえば自分や自分の子供が通う学校に同被告の子女や信徒がいた場合にどうか、自分の隣に教団道場が引っ越して来たらどうか・・・とリアルに想像してみた時に、反対運動もせず差別もせず・・・が確かに実践できると己を信じられるまで、考えてみる必要があるのではないかと思います。
そのように揺るぎなく自己を信じられないのであれば、ハンセン病患者の宿泊を拒否したホテルを責めるのは、なんだか「ズルイ」ような気がするのです。

ハンセン病患者のケースでは、世論は圧倒的にホテル側の無知・無理解(差別)を批判しました。そうして世論の大勢が決まっている中では、ホテル側を批判することは容易でしょう。しかし人権を考える上で本当に重要なのは、今回のように、差別の被害者側が世論の応援を得られない場合、なのだと思います。

私も含め、大抵の日本人は「ズルイ」のではないかと感じています。まあ、ほかの人はともかく、私は自分のズルさを自覚しています。
私が自分をズルイと感じるのは、学校側の言い分もわかってしまうことです。私は、アーレフの転入に反対した地域住民の人々の気持ちも、わかってしまいます。もし、私の子供が通う学校にアーレフの信徒がいて、彼らと息子とが仲良しだったら・・・私は不安に思うと思います。できれば、そういう状況には陥りたくない(=息子と仲良くなって欲しくない)、と率直に思う私自身がいます。それを私は知っています。
松本被告の子女が在籍しているからという理由で子供の受験校を選ぶこと、まではしないと思いますが、子供には入学式の前に、注意するよう言うかもしれません。また「松本被告の子女がいるからこの学校は受験しない(子供に受験させない)」と言う人が、もし万一周囲に実在したとしたら、私はそれを批判することはしないと思います。そういう選択もあるよね・・・と、相槌を打つと思います。
私はそういう人間だということを、私自身は知っています。
だから「学校側の主張は退けられるでしょう」と述べるだけでは済まない「居心地悪さ」を、私自身が感じるのでしょうね。


この問題に、私はまだ決着をつけられていません。
司法の判断がある。それはわかりました。人は親を選ぶことはできないのですから、親を理由に差別されることの理不尽さもわかります。一方で、現状の平穏を乱されたくない、という気持ちも、私にはわかります。
法が不備だ、ということは感じません。オウムが悪い・・・それはもうわかっています。

問題は、法の理念(人権)と、私の皮膚感覚での幸福観とが必ずしも一致していないこと。
そして私の感じる居心地悪さの原因は、両者が相反した場合にどちらを優先させるべきか、私自身が自己の立場を決めかねている・・・ことにあるのだと思います。
理念と、個人の幸福観とが一致しない場合には、後者を優先させればいいのでしょうか? それが大人というものでしょうか。しかしそういう「大人」の集大成としての社会が、個々の差別を許し、大袈裟ですが場合によっては戦争の後押しさえしてしまう・・・こともまた、明らかなような気がします。

難しい問題ですから、今後も折に触れ(BLOGで書くとは限りませんが)、私は考え続けていくと思います。



 
posted by 水無月 at 05:08| Comment(6) | TrackBack(3) | 国内(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、思ったより?風邪ひどくなくて、何よりです。

良いテーマ選択ですね。超難問の1つ。
>ハンセン病患者(元患者)が・・ホテル側も「ほかの宿泊客の理解」を理由にしていた、そこに同じような匂いを
僕も、他のブログ(治空仙人さんhttp://jikuu2005iken.seesaa.net/article/14061114.html#comment
で、そういう見解を披瀝しましたので、共鳴しました。ちょっと違うとこもあるかもしれませんが・・。近代が人権にせよ、民主制度や市場経済にせよ、世界的に指導的地位を広めてきたのは、やはり、各地域の民族的特殊性を普遍へと拡張する努力を重ねていると、多くの人に感じられたからでしょうし、そのためにルールを非暴力的にも築いたからでしょう。まあ各種メディア・宣教師等を通じて「洗脳的に」とも言えなくもないですが。だからこそ、僕は、

>「学校側の主張は退けられるでしょう」と述べるだけでは済まない「居心地悪さ」を、私自身が感じ

ペンが剣より強かった(ここでは、裁判で学校側が負けても)としても、「居心地悪さを・・感じる」だろうと表明される水無月さんに幸あれ!と、言いたいですね。この深い省察、いいすね。真の哲学的・宗教的(もちろん世俗的対立に表れる)疑問の根源をとらえようとしていると感じますので。というわけで、

>今後も折に触れ(BLOGで書くとは限りませんが)

是非書いてください。柄谷行人氏らの知的格闘を読むごとく、読ませていただきますから。
つまり『まだまだよく分からんけど、捨て置けない』という読み方です。


Posted by 建つ三介 at 2006年03月06日 21:24
 
建つ三介さん、こんばんは。
超難問です(笑)。いつか建つさんからご紹介いただいた
女性のBLOGで麻原被告次女の大学入学拒否のエントリーと
そこでのコメントのやりとりを拝見して以来、意識していました。
あわせて、検察が強権をふるう・・・背景にある
国民側の強権願望の根っこにあるもの・・・なども、考えてみたり(笑

今回コメントでご紹介のBLOG(のコメント欄)も拝見しました。
この件からハンセン病元患者さん達のケースを想起した人は
ほかにも、例えば↓でトラックバックしてくださった
【Scott's scribble - 雑記。】さんなども含め、いらしゃるようですね。
やはり差別や人権を考えていくと、そういう正邪蠢き割り切れない
境界線部分へと目が向いてしまうのかもしれません。

「幸あれ」が嬉しかったです。ありがとうございます。





Posted by 水無月 at 2006年03月08日 00:45
 
訂正です。麻原被告「次女」じゃなくて三女でした。
Posted by 水無月 at 2006年03月08日 17:25
こんばんは。
確かに難問ですよね、「店は客を選べる」という原則もあるし。例えば、「こういう食い方をしろ」と強制する飲食店主と客の喧嘩があったら、日テレの「行列の出来る法律相談」では店が勝つって言ってたし、北海道の銭湯が「ロシア人の客が風呂で酒飲む(ロシアでは風呂で飲むのはOK、有名なコメディ映画「皮肉な運命」でも飲酒がもとで大晦日にドタバタの事件が起きる)」ので、『外人禁止』にしたら、米国人が『俺は飲まん』と反発していたし・・。立川談志師匠は寝ている客に『帰れ』と怒鳴るし・・。
(ありゃ、どれもユーモラスすぎるかな? 僕は柔らか頭が自慢でーす。)

>「幸あれ」が嬉し

喜んで頂けて、幸いです。嫌味なことも書きますが、根は好い奴です。
おっと、自分で言ってしまった・・。
みんな知ってますよね、言うまでもなかった・・かな。

へへ。じゃ、また。
Posted by 建つ三介 at 2006年03月08日 21:22
 
建つ三介さん、こんばんは♪

「店は客を選べる」・・・はい、私もこれは考えました。
私の場合はあんまりユーモラスな例じゃなくて(根が真面目なもので 笑)
刺青客お断り、の銭湯の例なんですけどね。
これ、法的には許容されてるらしい・・・ですよね??
で、思うに、ハンセン病患者の例では、ホテル側はたぶん、この
風呂屋の刺青感覚で断ったのじゃないかと思うわけです。
差別してる・・・意識も無かったのじゃないかと。最初は。
ハンセン病患者と刺青客では、扱いが違うんですよね(笑
これも、実はなんとなく釈然としてないのです、私は(苦笑
人間て、社会って、全然公平でも公正でもないんですよね。
それを認識して、さあどうするか、というのは、私の問題なのでしょうけど。

柔らか頭、羨ましく思ってますよ♪
いつもありがとうございます。

Posted by 水無月 at 2006年03月11日 02:21
そうだね〜そのとおりだね
Posted by at 2006年03月29日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14272155
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

感情までは縛れない。
Excerpt: それが法の限界。つまりはそういうことなんだろう。
Weblog: Scott's scribble - 雑記。
Tracked: 2006-03-06 18:49

中学校の
Excerpt: 勉強法を取り上げています
Weblog: 勉強のやり方
Tracked: 2006-03-07 14:18

内容証明郵便での督促@
Excerpt: 金融業者からの督促も大詰め!内容証明郵便での督促!
Weblog: 借り入れキャッシングをしたお金!本当に返さないといけませんか?
Tracked: 2006-03-09 11:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。