2006年05月13日

朝日【竹島 日韓でなぜもめる】の嘘

朝日新聞から・・・。


 「ニュースがわからん!」【竹島 日韓でなぜもめる】

ホー先生 日本と韓国が竹島の問題でもめとるが、原因は何なんじゃ?

 竹島は島根県沖にあり、二つの小島と周辺の岩礁からなる。総面積は東京の日比谷公園くらい。その島を、日韓ともに「自分の国のものだ」と主張しているのが対立の根っこなの。韓国では独島(トクト)と呼び、韓国政府は武装警備員を置いている。民間人も2人いるみたいよ。

 日本人は住んでいるのか?

 いない。日本政府は「歴史的事実に照らしても、国際法上も、明らかに我が国固有の領土」と主張し、今は韓国が不法占拠しているに過ぎないと言っている。
 一方で韓国政府は「独島は歴史的・地理的にも国際法上において韓国固有の領土」と主張して譲らない。

 それぞれの根拠はどうなっているんじゃ?

 政府の説明を要約すれば、日本は1905年に竹島を領土に編入することを決めたけど、文献や地図、漁業実態などから、その前の江戸時代から実効的に支配してきたとしている。韓国も「文献および地図により立証されている」「地理的に日本より韓国領土に近い」などとしている。

 韓国は「歴史問題だ」とも主張しているそうだな。

 盧武鉉(ノ ムヒョン)大統領が4月に「日本が朝鮮半島の侵略で最初に奪い去った」土地という言い方をした。日本が朝鮮半島を植民地支配した過去があり、韓国側からみれば、時期的に植民地支配とダブって映るのも不思議とは言えない。でも、竹島の領土問題は別の話であり、そういう日本政府の言い分には理がある。

 日韓国交正常化の時には、この問題にケリをつけなかったのかね。

 ひと言でいえば、竹島については結論を棚上げにした。日韓漁業協定でも、竹島の周辺海域は入会地のような「暫定水域」にした。解決が難しいだけに、双方が事を荒立てないようにやっていこうじゃないか、と知恵を出したということね。
 外交当局者は、なるべく冷静に問題を解決したいと考えているようだけれど、小泉首相の靖国神社参拝などをきっかけに日韓関係が険悪になって、もめだしたといえるわ。(倉重奈苗)

(【朝日新聞】 5月12日(金) 社会面名古屋本社版 14版)



私は朝日新聞を定期購読していません。ただ、自分のスケジュールの都合上、毎週金曜には移動するので、その際に朝日の名古屋版を購入する確率が高いのです。
そういうわけでたまたま目にした記事が↑なわけですが・・・。いや、もう、参りましたね(困

ネット上では偏向の悪名高い大新聞ですが、まさかこれほどとは思っていませんでした。ちなみにこの記事は、タイトルを見ればわかるように連載コーナーのようです。ホー先生が質問し、正体不明のA氏(女史?)が答える、「ニュースがわからん!」コーナーの、今回は竹島編というわけです。

私の疑問を簡単にまとめておきます。

@ 国際司法裁判所
1952年韓国が根拠のない「李承晩ライン」を一方的に制定して竹島を韓国領土とした翌々年の1954年、日本は竹島問題の国際司法裁判所への付託を韓国に提議していますが、韓国はこれに応じていません。なぜこの重大な歴史的事実が記載されていないのでしょう。

A 日本人漁民の拉致・拿捕
1952年に引かれた「李承晩ライン」が1965年の日韓漁業協定で廃止されるまでの間、ラインを超えて操業していた日本漁船と日本人が韓国によって多数拉致、拿捕されています。その数3,929人、328隻。そして44名の方が死傷しています。
隣国政府によるこの理不尽な暴力行為を日本の新聞がなぜ書かないのでしょう。

B 歴史問題
歴史問題について、上記の記事中では「竹島の領土問題は別の話であり、そういう日本政府の言い分に理がある」としています。その結論は当然と思いますが、なぜ、日本に理がある、と最終的には退けられる韓国側の主張・心情を、日本の新聞が「不思議とは言えない」などと代弁する必要があるのでしょう。
竹島問題にはまったく無関係な「植民地支配」という活字を印刷するスペースがあるのなら、竹島問題に直結する「国際司法裁判所」「拿捕」「拉致」あるいは「漁業権」などのテーマを優先させるべきでした。

C 日韓関係(靖国神社参拝問題)
朝日新聞の日韓関係観は事実と異なっています。
日韓関係は小泉氏が首相になる前から決して良好ではありませんでした。今世紀に入って日韓ワールドカップ共催、韓流ブームなどがあり、一時的・部分的に友好ムードが醸し出された経緯はありますが、それ以外は基本的に常に緊張していた、というのが事実です。
朝日新聞のこの記事からは、まるで、首相の靖国参拝がなければ日韓関係が良くなり、竹島問題も解決する、かのように読み取れますが、完全な誤誘導です。ことはそれほど簡単ではありません。日本国首相の靖国神社参拝があろうとなかろうと、竹島問題は領土問題として存在し続けるでしょう。
靖国神社にA級戦犯が合祀されたのは1978年、日本国首相の靖国参拝に韓国がはじめて抗議したのは1985年中曽根首相の時でしたが、竹島問題はその二十年前から存在していたのです。
こうした誤誘導は竹島問題の正しい理解を損ねるばかりか、靖国神社参拝問題自体の解決をも遠ざけるという意味で、日本にとっては有害無益でしかありません。


Q&A方式という体裁からして、この記事は、竹島問題についてあまり予備知識のない人を読者に想定していると思われます。
が、その実態は、確かな知識のない読者に、中立を装いつつ、不完全で誤った・・・結果として中立とは呼べない・・・解説をしているわけです。そこになおさら、看過できない悪意や卑劣さを感じます。
日本から、朝日新聞しか読まずに暮らす日本人が一人でも減ることを祈るばかりです。



参考・・・。

【竹島問題】
http://www.geocities.jp/tanaka_kunitaka/takeshima/

【かえれ! 竹島】(島根県HP内)
http://www.pref.shimane.jp/section/takesima/top.html

【日韓条約と李承晩ラインでの日本人拉致】(Toron Talker)
http://toron.pepper.jp/jp/take/sengo/rachi.html

【靖国神社問題】(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%96%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E5%8F%82%E6%8B%9D%E5%95%8F%E9%A1%8C


 
posted by 水無月 at 07:18| Comment(8) | TrackBack(2) | 中国・朝鮮・在日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふとしたことから数年前に朝日新聞を止めて
インターネットで複数の新聞を読み比べるように
なりました。

そこから自分の感覚では急速に右傾化しましたが、
ポリティカルコンパスやってみたら、
ど真ん中でした。
Posted by gon at 2006年05月13日 09:52
そうですね、他のことはともかく、靖国問題で反日感情が出て来たような書き方は、よく見かけるような気がします。全然違うのに……。
韓国では日本語の歌を放送するのだって、つい数年前まで禁止でした。決して小泉さんがあおった反日感情ではないんですよねえ。
長いこと朝日新聞を購読してますが、辟易することがこのごろ多いです。明らかに情報操作してるなって、私も大人になって見抜けるようになりました(笑)。文革ではすっかり騙された。
Posted by dashi at 2006年05月13日 14:32
こんにちは
>竹島問題の正しい理解
を考える場合、多分「国家主権」という国際法上の概念の『揺らぎ』がありそうな気がします。
ケインジアン政策の無効、ウルグアイラウンド時の『郷に入れば、郷に従え』から『国際的規範』つくりへの(例えば、WTO)主導権争い。
70年代の『新国際秩序』や80年代の『累積債務問題』(要するに南北格差の拡大)も背景にあり、200海里「経済水域」と「公海」の問題も絡み、かなりややこしい。

世界の経済的相互関係の深化に比して、政治的枠組み創りが全く追いつかないのは今に始まったことではないですが、これを『正しく』論じるのは不可能でしょうね。ソロスの書物にも、世銀やアムネスティーのレポート等にも、共通して受ける印象です。
Posted by 建つ三介 at 2006年05月13日 15:53
 
コメントありがとうございます。

>gonさん
 それは大正解です(笑
 もっともネットだけ・・・というのも、私の経験からですが
 やや気が短くなったりしますので、たまには書籍などを
 読むと良いかもしれません。

 朝日新聞が左なので、真ん中に行こうと思うとどうしても・・・(笑


>dashiさん
 朝日しか知らない・・・これは本当に危険なことだと思います。
 dashiさんは中国で暮らした経験もおありですから、きっとご自分で
 気づけたのだと思いますが、私も含む多くの普通の日本人は
 なかなか自分ひとりでは気づけないと思います(汗
 やはりネットの普及はひとつの「時代の力」なのだと思います。
 そのネット上の風を「ネット右翼」と呼んで済まそうとする
 似非インテリは、今後ますます取り残されてゆくことでしょう。


>建つ三介さん
 前半部分・・・基本的に同感ですが、だからといって
 日本の一般全国紙が偏向報道をしていい理由にはなりません。

 >『正しく』論じるのは不可能
 正しく論ずることができるまで論ずるべきでないと思う人間は
 口を閉ざしていれば宜しいでしょう。
 日本は当事国です。
 奪われているのは日本の領土で、一時でも拿捕され拉致され
 まして傷つけられ殺されたのは日本国民です。

 もっとも、個人は口を閉ざしていればすむでしょうが
 朝日新聞はメディアですから、そうもいかないでしょう。
 朝日が間違った報道をしていると気づけば、私は今後も
 指摘するつもりですよ。
 
Posted by 水無月 at 2006年05月13日 23:38
こんばんは、
>間違った報道
を正すのは市民の義務です。
それには賛成ですよ。一般論としてはね。

どんなタイミングで何が起きているか、
逮捕にしても、記者発表にしても、
誰が誰と闘っているのか、
その辺も考えて(なんて実は僕には出来ませんが)、自由に書いているようでいて、どこも、誰も、思いつきで好き勝手に書いているわけでもないと思うのですが・・。
遥か昔から知っていることを、昨日今日知ったような振りして発表することも、メディア(商業的というより、権力機構としてのマスメヂア、捜査機関も含めて)ありうる。今、何故、その記事を選択するか、これが常に問われています。制限多き時には余計、どう表現するかも。検閲社会はかつてのこととは言えない、んだと思います。

かなり抽象的ですが・・。ご用心を・・。
Posted by 建つ三介 at 2006年05月14日 01:29
 
こんばんは♪

コメントを拝見して、また朝日を思い出しました(笑
首相の靖国参拝に朝日新聞は当初より批判的でしたが
その声が歴代首相の行為を左右することはありませんでした。
1985年、中曽根氏が公式参拝をした時、朝日新聞が社説で
「中韓も黙ってはいまい」と書いた。
そうしたら本当に中韓から抗議が来た・・・(笑
中韓は朝日が社説を書くまで靖国神社を知らなかったんでしょうかね?
A級戦犯が合祀されていることも知らなかったんでしょうかね?(笑

どのタイミングでどういう報道(捜査機関含め)があるか・・・は
重要でしょうね。注意したいと思います。
 
Posted by 水無月 at 2006年05月14日 01:41
追記、これから、米軍再編に伴っていろんな論議が、もっと複雑化していくでしょう。
これは、おそらく『内戦』状態です。かなり覚悟が要りそうです。
冗談は不可欠ですが・・。レトリックも・・。
Posted by 建つ三介 at 2006年05月14日 01:44
 
建つさん

>米軍再編に伴って
大まかには、東西冷戦終結に根ざしているのでしょうね。
上から大きな圧力をかけていた蓋が外れたのです。
世界規模で・・・ね。日本にとっても他人事ではありません。
私は以前から、現在が第二の明治期に匹敵するという認識を
持っています。国家そのものが問われる、今のような時代に
国家 VS 民衆 という左派御用達の物差ししか持たずにいると
一番肝心なものを見落とすような気がします・・・。
 
Posted by 水無月 at 2006年05月14日 02:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

首相の米議会演説向け「靖国不参拝表明を」 下院委員長
Excerpt:  6月末に予定される小泉首相の訪米をめぐり、米下院のハイド外交委員長(82)=共和党=が、日本が模索している米議会での首相演説を実現するには「靖国神社を参拝しないことを自ら進んで表明する必要がある」と..
Weblog: 東急不動産東急リバブル不買宣言
Tracked: 2006-05-13 19:40

決定的証拠!韓国の教科書が断言!「独島?そんな島は知らない!」
Excerpt: 大爆笑!1899年の韓国の教科書が断言!「独島?そんな島は知らないNida!」(終了)!■1899年『大韓地誌』 (大韓帝国の地理の教科書) 訳) 大韓帝国の領域は北緯33度15分〜42度25..
Weblog: Here There and Everywhere
Tracked: 2006-05-15 11:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。