2006年09月06日

親王誕生

 
私は素直に嬉しく思いました。
両陛下と秋篠宮ご一家に、心よりお慶び申し上げます。


この件に関しては、思えば本当に色々ありました(汗
私は男系天皇支持者ですが、そのことをネット上のとある場所で
明記したら「予想外でがっかりした」という、まさに予想外の
コメントをいただき、困惑したこともありました。

男系天皇という日本の文化や伝統、または血統を守りたいと
願う気持ちは、男女平等思想(フェミニズム)とは
元来、次元を異にするものだと私は理解しています。
しかしそれを文章で表現し主張することは本当に難しい・・・。
男系主義であることが、男尊女卑思想の持ち主であると
解釈されることは、耐え難い苦痛でもあります。
私は、フェミニズム陣営からのこうした反応にこそ、むしろ
舞台となる国の文化と十分に許容・融合できていないという
意味での、日本におけるフェミニズムの未成熟を感じざるを
得ませんでした・・・。


もうひとつ思い起こすのは、小泉現首相が主導した昨年の
皇室典範改正論の慌しさや、その顛末です。
周知の通り、秋篠宮妃が懐妊なさってからというもの
この動きはぴたりと止まりました。
男子が継ぐのが望ましいが、それが無理なら今上天皇直系で
天皇論としての万世一系は二の次、三の次で・・・というのが
現政権の考え方のようです。
こうした発想は、今上天皇ご一家を利することはありこそすれ
天皇、もしくは天皇制自体にとっては、その存在意義を危うく
する作用しかない、と私は考えています。
天皇の天皇たる所以は日本神話、わけても天照大御神との
結びつきにあります。天皇という存在を守りたいのなら
万世一系と三種の神器を(どれほど馬鹿馬鹿しく幼稚に思えても)
死守するしかありません。
今上天皇ご一家の将来を守るために天皇という稀有な日本文化を
犠牲にしてもよい・・・と考えるのなら、女系容認となるでしょう。
しかし私自身が一番大事に思っているのは、文化としての天皇
ですから、女系容認の立場は取れません。


政争の道具にまで危うく堕ちかけていた天皇家お世継ぎ問題を
ひとりの女性が、わずか一年足らずで有無を言わせぬ決着へと
導きました。
このことも、実に感慨深く思われます。
泣く子と地頭には勝てぬ・・・ではないですが、いったん親王が
お生まれになったからには、この問題は議論自体が不謹慎として
一世代先送りにされることでしょう。
男系論者の私としては結論に異存はありませんが
十分な議論を経ずして結果だけを与えられたこの成り行きに
どこか呆気に取られたような・・・危ういものも感じています。

とりあえずは・・・女性には敵いません、というところでしょうか(苦笑
そういえば、天照大御神も(異論はありますが)女神でした。
天照と天皇の関係は、かつて邪馬台国を治めた女王卑弥呼と
彼女に仕えた弟との関係が原型であろうという説がありますが
私もこれに近いイメージを持っています。



     ◇     ◇     ◇



※ またしても、あまりにも長く更新できずにいて、ごめんなさい(汗
私は元気ですが、相変わらずBLOGまではなかなか手が回りません。
今回は、半世紀後には祝日になっているかもしれないこの日を記念し
慌しく別所にて書き散らした日記文をUPしました。



 
posted by 水無月 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) |   ◇皇位継承問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。