2006年09月24日

君が代・日の丸問題についての感想

 
【<国旗国歌>都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決】

 入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を
強制するのは憲法で保障された思想・良心の自由を侵害する
として、東京都立高の教職員ら約400人が都教育委員会を
相手取り、起立や斉唱の義務が存在しないことの確認を求めた
訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は
「強制は違法、違憲」と判断し、起立や斉唱の義務がない
ことを確認したうえ、一人当たり3万円の慰謝料の支払いを
命じる判決を言い渡した。
http://www.mainichi-msn.co.jp/photo/news/20060921k0000e040101000c.html

この問題では以前からスッキリしないことが・・・。

強制は違憲、これはその通りだろうと思います。
教育という場で、思想・信条の自由を侵すような強制は
許されないだろうと思います。
少数者の意見だからこそ、公権力で握りつぶすようなことは
あってはなりません。もちろんです。

ただ、国旗や国歌に敬意を持たぬ者が、公教育の場の
それも教師という立場に相応しいかどうか・・・という問題は
相変わらず残っているだろうと思うのです。

おそらく「彼ら」の立場は・・・こう。
「国歌や国旗、すなわち日本国への敬意は持っているが
 それが日の丸や君が代であることが問題なのだ」
国歌・国旗改変期待論はここに存在するはずです。

なぜ、君が代や日の丸は国歌や国旗に相応しくないか。
判決文から引用・・・。

第二次大戦までの間、皇国思想や軍国主義の精神的支柱として
用いられ、現在も国民の間で宗教的、政治的に価値中立的な
ものと認められるまでには至っていない
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060922k0000m040087000c.html

結局、ここ・・・。
「皇国思想や軍国主義の精神的支柱」として用いられた戦前
までの「歴史」
「宗教的、政治的に価値中立的なものと認められ」ていない
「現状」

天皇(象徴天皇制)でしょう。やはり・・・。
いつもいつも、問題はここへ立ち返る。
天皇家や象徴天皇制が「宗教的、政治的に価値中立的なもの
と認められ」ているか、どうか・・・が、まさに現代の日本国が
抱える精神的・文化的・政治的な最大問題なのでしょうね。
つまり、「宗教的、政治的に価値中立的なもの」と看做す国民と
そうは看做さない国民とが(数において)、ほぼ拮抗している
のが現状だろう、と私は見ているのです。


それがコンテンポラリーな問題であるがゆえに、裁判官でさえ
実は判決を下し得ない問題なのだと思います。
なぜなら裁判官が根拠とする法律自体、時代の力によって
いかようにでも変化し得るから。
これを変化させるのは狭義には政治(家)ですが、政治(家)も
また融通無碍に態度を変化させる実態を見やれば、最終的には
通常は「世論」などと平べったく呼ばれる「時代の風」が
最終決着をつけるはずです。
そしてこの種の問題は、この方法によってしか解決され得ない
でしょうし、解決されるべきでもない、と私は思います。

これは靖国も同様・・・。要するに象徴天皇制自体も。


国の形そのもの・・・が問われている、それが現代なのでしょう。

頬に当たる時代の風・・・を、感じます。

 

posted by 水無月 at 00:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 国内(靖国・天皇) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実際に戦争に行ったり軍国教育を受けた人は、年齢的に、今の現役教師にはいないと思うんですけどね。日の丸や君が代に反発するのって、なんでかな〜って不思議です。少なくとも、実体験に基づいた反抗ではない。
国旗、国歌なのに。その存在は否定出来ないでしょうに。
国民の祝日に国旗を掲揚する家庭って、今はほとんど見ませんね。昔は私の家でもあげてたもんですが。
しょぼい日の丸で、上の金色の玉がなくなっているのが子供心に恥ずかしかったのを覚えています。封建的な家ではなかったけど、それが普通でしたからね。

起立する先生としない人といるのって、式としてあまりにだらしない(様式美が台無し?)ような気はします。生徒を指導出来ないでしょうね。
かと言って起立を強制するのも、天皇陛下の発言ではないけど、好ましくないようには思いますねえ。
私は日本って平和である程度豊かで、ホントにいい国だって思うけど、思わない人の方が多いんでしょうか。もっと大事に思ってもいいような……。今は日の丸、君が代が国旗国歌なんだから、嫌っててもしょうがないじゃん、って思います。
Posted by dashi at 2006年09月28日 18:45
 
dashiさん、おはようございます。そしてコメントありがとうございます!

そうそう、昔は国旗を掲揚する家庭がありましたね。
確かに最近は見ません。私は子供の頃と住む場所が違って
いるのですけど、故郷の方でも見ない気がします。
なんででしょうね・・・。

コメントを拝見して、なんとなく宗教を思い出しました。
キリスト教でも仏教でもそうなんですけど、教祖が他界してからの
方が、教義は純化され、布教も熱心になるんですよね。
直接その教えに触れたわけではない後世の弟子の方が
直接触れていないからこそ、熱心になる・・・ということが
あるような気がします。宗教に限らず学説や芸能などでもそう。
文化っていうのは、みなそういう面があるのかもしれないですね。

この国旗・国歌の問題では、実は別のところでも反応を頂いていて
まさに現代日本の非常にデリケートで今日的な問題なのだなぁと
思いましたよ。
私も、日本は世界各国の中では稀有に恵まれた、良い国だと思っています。
そして私が日本を好きな理由の中でも大きな点に、外国からの占領を
受けることなく、日本人自身の手で国家統一を成し遂げた
ということがあるのです。
もちろん、アイヌや琉球の人々から見たら、また別の感想が
あるのかもしれませんけどね・・・。所詮私は日本人の中では
マジョリティに属していますから、本当のマイノリティの人々の気持ちは
理解できていないかもしれない・・・。
しかし戦国時代から江戸期にかけての国家統一の歴史を見ると
日本人は決して愚かな民族ではないと思えます。
そしてその背景に、やはり朝廷や天皇の無言の存在感というのが
あったと思うんですよね。
日の丸や国歌に反対する人々には、二千年くらいの物差しで
日本という国を見直してもらえないだろうか・・・そうしたら
また別の感想が生まれるのではないか、と思っています。

 
Posted by 水無月 at 2006年09月30日 08:43
ただの反日左翼や頭の悪い在日が騒いでるだけ。
何でも「日帝」や「軍国主義」に結び付けて
とりあえず難癖をつければ良いと思ってる。
戦後の混乱期に、それでも占領国に対して大規模な暴動等がなかったのは
天皇家の存在があればこそだった。
そういう意味での精神的支柱の役割は充分に果たしている。
そして、共産主義者にはそれが都合が悪い。
共産主義にそんな精神的支柱、特別な存在は邪魔だから。

韓国は、半万年中国の属国でまともな文化すら持ち合わせていない
ろくな歴史も持っていない、
そのコンプレックスから嫉妬しているだけ。
自分達が持っていない歴史、
自分達が得られないものを無くしたいと考えている。
それが左巻きと利害が一致しているので
こんな下らない事をやってる。
Posted by   at 2007年11月15日 23:33
相変わらず、問題のすりかえが行われていると思います。
只の職務放棄を思想の自由にすりかえている。
私は40代ですが、小学校のころから、卒業式では君が代斉唱、日の丸掲揚がなされてました。
今までずっと行なわれてきたことである以上、それをやらなければならないことは、暗黙の了解があった上で雇用されているはずです。
それを知らない(そんなことはないはずですが)というのであれば、その人にあわない職場ですので、すみやかに退職するのが本当ではないでしょうか?
私には、ただ怠け者が問題をすりかえて楽をしようとしているとしか思えません。
Posted by 通りすがり at 2008年08月23日 06:25
君が代すわろうず活動報告φ( ̄▽ ̄)b

「君が代すわろうず」の活動してきたでぇ∠(・ω・)ピッ

第84回選抜高等学校野球大会
於:阪神甲子園球場
3月21日 開会式 [42段11]の席 v( ̄▽ ̄)v
4月 4日 閉会式 [42段11]の席 v( ̄▽ ̄)v

チェックチェックゥ♪ヽ(´ー`)ノ

君も「君が代すわろうず」に入らへんか(笑)?o(^▽^)○

それと・・・
日の丸不掲揚や君が代不起立不斉唱を貫いとる愛国者の諸君!
おきばんなはれo(^-^)o

トータルリコール3ρ(。。)m
http://ichigo-up.com/cgi/up/qqq/nm49932.zip.html
Posted by 春九千 at 2012年04月05日 18:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。