2005年09月28日

次の争点

※原文は2005年09月16日に書いたものです

>>「(日本を)米国へ売るか」VS「中韓へ売るか」の選択であった
>言い切りましたね!でもそんな感じなんだろうなあ。

コメントで頂いたこの部分・・・が外出中も頭に残っていました。

遊女じゃあるまいし、なぜに売ることしかできないか。
そういう怒りや憤り・・・あるいは哀しみ・・・が
日本中に蔓延しているような気がします。

どこにも売らない。
自分の足で立って生きてゆく・・・そういう日本であって
欲しい・・・と思っている人も、きっと多いはず。
そしてそういう(ある意味健全な)感覚を持つ人が増える
こと・・・と、新保守・新右翼層が増えること・・・は
相関関係にある、とも思います。

自分の足で立つ・・・ためには、経済面と軍事面・・・の
最低でも二分野で、自立する必要があるでしょう。

人口一億の日本が経済的に自立する・・・とは、どういうことか。
GNPが世界二位であることは、なんの安心材料にもなりません。
石油(エネルギー)も食料も、日本は世界に依存しています。
そしてその輸出入はドルで行われている・・・。
為替をちょっと操作されれば、日本はあっという間に転落させ
られてしまうでしょう。だから米国は強いのです。
米国に対抗する(というより独立を保つ)ためにEUが
ユーロを導入したように、日本が米国から独立を保つためには
最低でも円経済圏を確立する必要があると思います。
そしてこの動きは、EUがまだECであった時代に、日本でも
ありました。が、失敗しています・・・。
アジアでの決済通貨の比重をドルから円に移し、円経済圏を
アジアで作ろうという試みは、私の記憶では1980〜90年代に
当時の通産省あたりが本気で画策していたと思いますが
米国の横槍で失敗し、日本のバブルも崩壊しました。
そして今は円よりむしろ中国元に注目が集まっています。

中国こそ・・・は、私の目には、どこにも身売りしないで
生きていこうとしている国・・・と見えます。
中国がそれを目指す背景には広大な領土と資源、そして
12億の人口があるのでしょう・・・。
今後ますます市場開放を進めるに違いない中国ですが
その決済通貨を元に限る、という方針を採用すれば
少なくともアジアにおいては、元経済圏が比較的容易に
構築できることでしょう・・・。
そういう意味でも、中国は経済的独立を保ちやすい・・・のです。
日本に比べて、の話ですが。

そして軍事・・・。
これを本気で考えるならば、自衛隊をきちんとした国軍とし
もちろん憲法も改正し、さらには核を持つ・・・ことまで
視野に入れる必要があるでしょう。
こうした主張こそ、まさに新右翼層の主張と重なります。

軍備増強や憲法改正に反対する人々・・・は、左翼層ばかり
とは限りません。
自民党支持者の中にも多い・・・のです。
そういう人々は、自前の軍隊を持つ経済効率の悪さから
積極的に米軍を利用(=米国へ身売り)しようとします。

そう考えると、反自民の右翼層・・・が最も独立心が強い
と言えるのかもしれません。
どの方法がいいのか・・・いずれ(案外近いうちに)
日本は大きな岐路に立たされるでしょう・・・。

中国へ売るか VS 米国へ売るか の選択は
先の衆議院戦で、事実上、もう終わりました。
次は、米国へ売り続けるか VS 独立を目指すか の
選択となるような気がします。
それは憲法九条を改正するとか、あるいは自衛隊をどうするか
というようなタイミングで、争われると思います。

この争点は、日本人の多くが、内心では気づきながらも
うやむやのままにしておくことをあえて選んできた・・・問題
でもあるのでしょう。
しかし戦後生まれの若い世代が増え、また世界情勢が
緊迫の度を増すにつれ、次第に先鋭化せざるをえなく
なってきた・・・のでしょうね。


こうした日記を書くと、私自身が右派思想の持ち主である
・・・と誤解されるかもしれませんが
私自身は、右派にも左派にも属しているつもりはありません。
私はただ、自分とその家族が今住んでいる日本という国を
理解したいと思っているだけ・・・なのです。


 
posted by 水無月 at 05:07| Comment(9) | TrackBack(0) | 国内(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文脈無視で、国を売る、というところだけに反応する。

わたしは、沖縄県民については、日本から離脱し、独立国になる、か、手続き的には、佐藤首相が本土並み復帰、と偽って日本に復帰させた、その前に戻せ(つまり、米国帰属、ですな)、というべき、と常々言っています。もともと、薩摩藩に強奪されたのだから。琉球王国にもどったほうが県民は幸せだろう。
Posted by yam at 2006年02月10日 11:07
 
yamさん、こんにちは。

文脈無視は許容範囲ですが、ここは管理人のいるBLOGだということを忘れないでいただきたいと思います。
コメント欄は最大限読者の皆様に開放したいと思っておりますが、BLOGではあくまで、各記事が主であり、コメントは従の位置付けだと私は理解しています。
(私の理解が一般的である、とか、正しい、などと言うつもりは全くありません。ただ、当BLOGがそういう考えの管理人の元に運営されているのだということをご承知おきください)

コメントは、訪問者の皆様が、各記事をご覧になって持たれた感想を管理人に知らせたい、そして管理人の反応を知りたい、という場合にお寄せいただくものと私は理解しています。
訪問者の方のご意見を公開するための場所ではありません。

私の基本的な意見は各記事にてできるだけわかりやすく表現しているつもりです。それらへの質問、同意、異議・・・など、感想であればなんでも自由に書き込んでいただきたいと思いますが、同じような内容の二重三重投稿は今後ご遠慮ください。

また、もし、単にご自分のご意見を書くためという目的で当BLOGコメント欄が使用されているのであれば、管理人として戸惑いを禁じ得ません。
yamさんは深い知識や独自のお考えをお持ちなのですから、他者のBLOGのコメント欄で細切れに書き込むより、ご自身の場所で書かれるべきではないのでしょうか。BLOGという場所のあり方を、もう一度お考え下さいますよう、お願い致します。
Posted by 水無月 at 2006年02月10日 12:23
了解いたしました。
Posted by yam at 2006年02月10日 12:31
 
感謝します。
もし、BLOGをすでにお持ちか、今後持たれる場合には
是非お知らせください。喜んでお邪魔致しますので。
Posted by 水無月 at 2006年02月10日 13:05
>yamさんへ。

水無月氏に賛成、僕も行きたい。
もしまだなら、すぐに開設しなさい。
僕のように。楽しいですよ。忙しくて大変ですが、・・。汗)
Posted by 建つ三介 at 2006年02月11日 15:56
肝心の本文を読む前に、↑を書いてしまった。
水無月氏、すんません。

で、本文に言及。岐路、確かにそうですね。
明治ビトの如く、その自覚があって命を賭けれるか。その一点ですね。(藤田氏が最高の明治人と呼んだ)鴎外でさえ「籠もってしまった」重さ、らしい。僕は正直、自信ないです。でも、少しずつ、勇気を振っていきたいとも、思っています。

>反自民の右翼層・・・が最も独立心が強い

その中身がどの程度か、もおいおい知っていきたいですね(世界史的課題に最も強く応えようとした鴎外の苦悩を、彼ら右翼層がどう思っているかとかも含めて、例えば左翼の中野重治は大事に扱っていました、僕の理解を超えているので、今まんとこ、大して展開できませんが・・悔しい!)。現時点では、驚くほど、貧困な(僕が言うのもなんですが)マツシタ政経塾程度しか知りませんので・・。
Posted by 建つ三介 at 2006年02月11日 16:15
 
建つ三介さん、こんばんは〜♪

まず前半に関しては、まったく同感としか言えません。
その勇気を、私も持たなきゃいけないですね。重い課題で、すぐにへこたれそうになりますけど、こうして建つさんのような方がいらっしゃることもわかったので、それを希望に、勇気を失わずにいたいと思います。

後半部分・・・。これに関しても、同意します。
たぶん、右派層だけでは弱いのだろうという気がします。今現在、左派層が総崩れになっていて、右派層にどんどん流入している、というような認識があります。左派層を取り入れた右派層が、そこでどんな国家像、そして政策を展開できるのか、というところでしょうか。
Posted by 水無月 at 2006年02月11日 17:58
はい、僕もサハとして、がんばります。
Posted by 建つ三介 at 2006年02月11日 18:16
 
私もがんばります(笑
左派か右派かは、自分でもよくわからないんですけど。
Posted by 水無月 at 2006年02月11日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。