2005年11月09日

皇位継承・・・その今後

皇位継承問題に関しては二回(一回は資料編なので実質一回)にわたって書きました。
そこで書き漏らしたこと・・・というか、最新動向(というほどでもないですが)を横目に見ながらの、今時点での私の感想を、最後にまとめておこうと思いました。

 意見編 → 【皇位継承・・・「双系VS男系」論の底
 資料編 → 【皇位継承・・・三笠宮殿下のコラム発言要旨
 Y染色体→ 【皇位継承・・・Y染色体の世代間連続性について】 (2005/12/4補記)

「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は七日、第十五回会合を開き、意見集約をしたそうです。
意見編とダブりますが、ここまでの流れを整理すると、憲法の理念、特に男女平等の理念に基づき女性及び女系天皇を容認する有識者会議に対し、三笠宮殿下など皇族方や民間団体「皇室典範問題研究会」(代表=小堀桂一郎東大名誉教授)に代表されるような男系維持派が必死にブレーキを掛けようとしている・・・のが現状と言えるでしょう。
男系維持派は、旧宮家復興などによる傍系継承の道を提唱していますが、有識者会議の結論が変わることはなさそうです。有識者会議での論点は、すでに、女性および女系天皇を認めたうえで、長子優先か男子優先か・・・を決めるところへ移っています。
政府内には、麻生氏(=三笠宮家と縁戚関係にある)や安倍氏など、女系天皇に慎重な意見もあるものの、報道を見る限り、首相の小泉氏は女系天皇容認の姿勢のようですね。

ここまでは現状のまとめです。そして以下が私見。

傍系継承を認めない・・・という方針が変わらないのであれば、皇位は直系へ継承されてゆくことになります。ここで問題となるのが女帝(即位前であれば内親王=皇太子)の配偶者選びです。現皇太子殿下を思い浮かべれば、その配偶者選びがいかに大変か、は誰でも容易に想像できるでしょう。

私は、第一皇位継承権を持つ内親王殿下・・・には、天皇家男系の婿が入ると思います
それが本当に実現するかどうかはわかりませんが、少なくとも、三笠宮殿下のように強力な男系維持論者がいるわけですから、皇族方・・・すなわち親戚縁者からの、男系男子を婿に選べ、というプレッシャーは相当なものになるでしょう。女性天皇(内親王)がどういう夫を選ぶか、までは憲法も皇室典範も関与できませんから、「彼女」が天皇家男系男子を「ご自分の意思で」夫に選ぶ分にはなんの問題もないわけです。また伝統格式など素養の点から見ても、天皇家にゆかりのない一般男子では、そこへ婿入りするのは大変難しいように思えます。

今上天皇ご一家のご意向は外へ漏れてきていませんが、こうした皇族方からのプレッシャー・・・つまり伝統の力と、それを打ち破ろうとする新しい勢力との争いが、これから将来にわたって天皇家内部の中で繰り広げられることになるのではないでしょうか。
その戦いの様子は、有識者会議や国会論議とは違い、国民に向けて公開されることはありません。見えない戦いの決着は、第一皇位継承権を持つ内親王の夫が内定した・・・という報道によってはじめて、我々一般市民の前に明かされることとなるでしょう。

現在有識者会議が検討しているのは、長子優先か、男子優先か・・・の問題です。
有識者会議の結論は長子優先に傾きつつあるようですが、もし長子優先なら、天皇家直系の第一子が女性である代ごとに、同じ戦いが繰り返されることとなるのかもしれません。

家の都合で配偶者が決められるというのは一般市民の感覚からすれば相当にむごいことのように思われますが、もともと選挙権も職業選択の自由もない皇室の方々には、人権など無縁のものです。
そしてまた見方を変えれば、こうした事態とは実は、皇位という家督を誰に譲るか・・・という天皇家の問題が、皇族方を含めた広い意味での天皇家内部に帰ってゆく・・・ことをも意味します。
男系維持が天皇家一族の意思であるならば、法律がどうあろうと、国民がなにを思おうと、天皇家男系男子が次代の天皇の父に選ばれるでしょう。その選択に口を挟むことは誰にもできません。

つまり・・・試されるのは天皇家である・・・とも言えそうです。
これまでのように法律で男系相続と定められていれば、自動的に男系は維持できますが、今後は彼ら自身が努力しなければ維持できなくなる・・・ということでしょう。
時代が課したこの困難に打ち勝てず、女性天皇の配偶者に男系男子を添わせることができなかった時・・・には、彼らの万世一系は崩れ去り、アマテラスがその子孫に与えた葦原の瑞穂の中つ国も、彼らの前から消え去る・・・ことになるのかもしれませんね。
posted by 水無月 at 03:59| Comment(8) | TrackBack(3) |   ◇皇位継承問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじゃまします。

>試されるのは天皇家である

確かに、現天皇家は厳しい試練に立たされそうですね。天皇陛下、皇太子殿下が皇祖皇宗からの皇統をいかにご理解されているか、そのご覚悟が試されてしまうのですね。そして、どのような選択をされても、どこからか批判をされてしまうでしょう。
Posted by 金魚 at 2005年11月09日 22:21
金魚さん、こんばんは♪

仰るとおりですね。
どのような選択をしても批判を受ける・・・というのも、その通りだと思います。
ご身分ゆえの試練・・・ということなのでしょうね。
Posted by 水無月 at 2005年11月12日 01:35
ちょっとご愛嬌で、寄ってみました。

>第一皇位継承権を持つ内親王殿下・・・には、天皇家男系の婿が入ると思います。

多分、そうすると僕も思う。女帝には近代以降の親しみ、
どこからひっぱて来るかはよく分からん(ええそんな人いたの?!というような)婿殿には男子一系の神話的伝統を担ってもらうために。

どうせなら、南朝系をこの機会に呼べば、戦時中苦労した矛盾「南朝=正統論」「でも北朝を戴いている」がついでに解決できるのに、関係者の熟考を期待はしないけど・・。

Posted by 建つ at 2006年01月22日 20:30


建つ三介さん、こんばんは。いらっしゃいませ♪

建つさんでさえそう思うのなら
この予想は当たりますかね? なら嬉しいのですが(笑

おそらく皮肉で言われているのだと思いますが
私の中では天皇家と政治(国家主権)とはもはや
完全に切り離されているのですよね。
「日本の象徴」であるために諸々の制限が必要というのなら
象徴天皇制などやめてしまえばいい(から男系でいって欲しい)
と思うくらいです。たぶん少数派なのでしょうけども・・・。


Posted by 水無月 at 2006年01月24日 05:40
水無月さんへ。例の水無月さんが言い、僕が同意した「女系でかつ男系」策で逃げるだろうな? を生物学的に批判している、楽しいサイトがありますよ。
トワイライト…ららら 〜平成・十六夜日記
http://blog.livedoor.jp/tukiakari33/archives/50525523.html#top
です。「こりゃあ、一本取られたな」と、感心しきりです。
オマケに、今日の紀子さん「懐妊」ニュースを

>今頃なんで懐妊されたんだろうと
ワタクシなんざ「秋篠宮の乱」とすら思ったので、卑しいも何も…

っていう感じで、言いのける可笑しい美女「十六夜」って何者だ?!と僕はまた妄想してしまいそうです。
Posted by 建つ三介 at 2006年02月07日 22:15


建つ三介さん、こんばんは♪
ダブルコメントありがとうございます。

で、ご紹介のBLOGですが、ちょっと私には合わない感じですね(申し訳ない)
天皇家の人々に関し、一般人と同様に「幸福」という概念と絡めて論じ
そして最後は政治の世界へ持っていく、という論法は、私には
さほど意味があるとは思えないのですよ(汗

なお、近親婚については、愛子様はそれ以前二代にわたって
母方に非・天皇家の血が入っているのですから、たとえ従兄弟と
ご結婚されても問題はないでしょう。
近親婚による生物学的ハンデは、詳細に統計を取ると否定される
という話も聞いたこともあります。つまり、近親婚をタブーとしたい
という文化的圧力がまずあって、それに合うよう適当に作られた伝説だ、と。
(近親婚より遥かにリスクの大きい要因が、たとえば母体の年齢など
 ほかにいくらでもある、という話も参考までに)
日本では憲法で三親等以内での結婚は認められていませんから
これに抵触しなければ無問題と考えます。また、現実に四親等以上の
血縁関係で結婚している方も大勢いらっしゃるでしょうから
あるかどうかも定かでない子供の生物学的ハンデを喧伝するのは
やや無責任なようにも思うのですが・・・。

秋篠宮妃紀子様、御懐妊されましたね(笑
私はどちらの宮様にも妃にも特に思い入れはないですから
一国民として、素直に御目出度いことと喜んでいます。


Posted by 水無月 at 2006年02月08日 01:43
>政治の世界へ持っていく、という論法は、私にはさほど意味があるとは思えないのですよ

でも元首化にしても、象徴どまりにしても、対外的にも、国内的にも、政治絡みですよ。純粋文化・宗教にするには、皇室の改憲・民営化しかありません。ちなみに明治の時の天皇3権、ご存知ですか? 統治・統帥・祭祀だったと理解しているのですが。祭祀だけは今もあると言えるし、ないような気もする。憲法に明示してある儀式だけは国事行為で公務のような、でも以前水無月さんが書かれていたように、スポーツの国際交流とかも公務だし。じゃ、伊勢参りは? 私的でしょう。では靖国は? やはり私的で可能でしょう。むしろ行くべきと僕は思っていますよ、慰霊に。私的に? 今の政治状況なら、私的か、公的か?は無意味でしょうね。一言ではいえませんが、・・。じっくり時間をかけて、自分のブログでちゃんと展開していきたいと思います。
Posted by 建つ三介 at 2006年02月09日 01:25
 
建つ三介さん、こんばんは♪

えーと、それはどちらかというと前半に意味があるのです。
>天皇家の人々に関し、一般人と同様に「幸福」という概念と絡めて論じ
この部分。幸福という概念を持ち出した天皇論が政治で成り立つようになれば、天皇制はもう終わりです(笑) さっさと憲法改正して一私人の立場を確保して差し上げればよい。もちろん、それはそれで私も歓迎しないわけではありませんが。

建つさんの天皇論も楽しみにしております♪
で、その際のお願いなのですが、できるだけ(私の頭でも)わかるように書いて下さい(泣) 読んで意味が理解できないと、本当に凹んでしまいます。
Posted by 水無月 at 2006年02月09日 02:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9125803
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[Opinion]女帝容認問題
Excerpt:  小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」で女性天皇支持の意見が大勢を占め、男系維持派は世論の支持を得られず劣勢を強いられ挽回策を見出せずにいる中、一途の望みのように三笠宮寛仁親王殿下の女..
Weblog: Sapporo Life
Tracked: 2005-11-09 13:33

たかじん委員会10
Excerpt: 天皇制 天皇制をどうやって維持するかは直接には外交に関係しないが、日本という国を説明する意味においては外せない問題なので興味深く議論を聞いた。 天皇が象徴たりうるのは、神武天皇の遺伝子がまだ残って..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-11-09 14:35

皇位継承問題
Excerpt:  秋篠の宮紀子様ご懐妊の吉報に、女性天皇を認める皇室典範の改定をはじめとする皇位...
Weblog: スタッフおすすめサイト集@freshEYE
Tracked: 2006-03-07 14:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。